ログイン / 会員登録するアカウントを選択

錦糸町の巨大倉庫をリノベーションした菜食カフェ「SASAYA CAFE」

341
錦糸町の巨大倉庫をリノベーションした菜食カフェ「SASAYA CAFE」
※こちらの記事は2014年10月9日に公開されたものです。

「SASAYA CAFE」は錦糸町の巨大な倉庫をリノベーションした菜食カフェです。全国各地で採れた味の濃い有機野菜を使ったこだわりの菜食料理がいただけます♪

まるで体育館のような広々とした空間

まるで体育館のような広々とした空間
錦糸町駅から徒歩約15分。
川に沿って長く広がる大横川親水公園の目の前に「SASAYA CAFE」はあります。

お店の前ではおじいちゃんやおばあちゃんがゲートボールをしたり、子どもたちが楽しそうに遊んだりする姿が見られ、下町である錦糸町らしい和やかな空気が流れています。

おしゃれな木の階段をあがり店内へ入ると、そこはまるで体育館のよう。天井はなんと高さ6メートルもあり、まるで海外のお店のような開放感であふれています。
入口付近には墨田区がブランド化を進める「すみだモダン」の商品やオーガニック商品を取り扱うスペースも。

ぜひ食べたいのが本格派南インドカレー

ぜひ食べたいのが本格派南インドカレー
こちらで食べられるのは、全国各地で採れる有機野菜を中心とした味の濃い野菜をたっぷり使った料理です。

実は肉類や魚介類、乳製品、卵を使わない、ベジタリアンよりももっと厳格な “ビーガン”料理を提供しているそうですが、気負わず食べてもらえるようにとお店の中ではとくに主張していないそうです。そのため“ビーガン”料理だと知らずに食べているお客さんも多いとか。

サンドイッチやベジ定食(平日限定)などのメニューがありますが、まず味わってほしいのが「本日のカレー」993円。スパイスに精通した人気料理研究家の渡辺玲さんをアドバイザーに迎え、メニューを考案しています。

この日は、まるでお肉のような食感と味が楽しめる大豆ミートを使ったサラダキーマカレー。数種に厳選したスパイスでシンプルに味付けされ、ピリっとした辛さがやみつきになります。お米は高知県産の有機玄米こしひかりを使用しています。「本日のカレー」は、サラダキーマカレー以外にも南インドのカレーを中心としたスパイスカレーがいろいろ食べられると、カレー通にも評判です。

生野菜のおいしさを実感できる「サラダプレート」

生野菜のおいしさを実感できる「サラダプレート」
生野菜をたっぷり食べたい人におすすめなのが、グリーンサラダ、スープ、パンがセットになった「サラダプレート」1080円。
グリーンサラダには、ピリッと辛い辛子菜や赤紫色がキレイで食べやすいロロロッサなど、個性的な味の野菜が山盛りで入っています。100%有機ゴマのペーストで作られた「タヒニドレッシング」に、オリーブや海塩、ペッパーをあえたドレッシングをかけてどうぞ。
この日のスープは生でも食べられるほど甘いとうもろこし「ゴールドラッシュ」を使ったコーンスープ。寒い時期にはチャウダーなどが登場するそうです。

その他バターや卵、牛乳を使わず小麦粉と菜種油で作ったタルトやスコーンもあるので、食後にはこちらもぜひ。

カフェには広いギャラリーも併設され、友禅などの職人さんを招いてワークショップを行ったり、オーケストラによる演奏会や空中パフォーマンスなど幅広いイベントが開催され、地域の人が集まる錦糸町のイベントスペースになっています。気になる人はイベントスケジュールをホームページでチェックしてから出かけてみて。

SASAYA CAFE(ササヤ カフェ)

東京都 墨田区横川1-1-10 MAP

03-3623-6341

8:30~18:00

月曜


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真