ログイン / 会員登録するアカウントを選択

夏目漱石ゆかりの名店スイーツがたくさん!早稲田ブックカフェへ

281
夏目漱石ゆかりの名店スイーツがたくさん!早稲田ブックカフェへ
※こちらの記事は2018年4月2日に公開したものです。

夏目漱石の生誕150周年にあたる2017年9月、漱石の暮らした家の跡地に記念館がオープンしました。1階の入り口には「カフェ ソウセキ」があり、漱石の代表作である「吾輩は猫である」に登場する「空也」のお菓子をはじめ、漱石にゆかりのあるさまざまなメニューが味わえます。また、魅力的な猫のキャラクターが描かれたブックカバーやしおりなどのグッズもいっぱい。猫好きもたまりませんよ。

夏目漱石の書斎や客間を忠実に再現

夏目漱石の書斎や客間を忠実に再現 全面ガラス張りのモダンな雰囲気の建物
早稲田駅から神楽坂方面に向かって徒歩10分。道路に猫のプレートや街頭に猫の姿が見えてきたら、ここが「漱石山房記念館」です。ここは、漱石が晩年に亡くなるまで過ごした場所。漱石生誕150周年を記念して、2017年9月に記念館として生まれ変わりました。
1F入口の展示の様子
館内では、再現された漱石の書斎や客間が見られるほか、「道草」などの草稿や門下生との書簡、初版本など貴重な資料の展示もあります。地下1Fの図書館では、漱石のみならず、漱石ゆかりの文献がずらり!また、1階の入り口には、漱石の世界を思う存分堪能できる「カフェ ソウセキ」も併設されています。

ほっこりカフェでひと休み

ほっこりカフェでひと休み カウンターとテーブルの計31席
館内に入ってすぐにある「カフェ ソウセキ」は、漱石ゆかりのお菓子や飲み物をいただけるブックカフェ。明るい光が差す、広々とした店内には、漱石関連の本棚があり、お菓子や飲み物をいただきながら、自由に手に取って楽しめます。
「もなか抹茶セット」(850円)。抹茶は上林春松本店の「御薄茶 双鶴の白(そうかくのしろ)」
カフェで人気なのは、漱石の代表作「吾輩は猫である」に登場する銀座の老舗和菓子店「空也」のお菓子セットメニュー。書籍に登場するお菓子は「空也もち」だそうですが、それが味わえるのは11月と1月の年2回のみ。通年をとおして提供されるのは、かの有名な「空也もなか」です。
抹茶はひとつひとつその場で点てる
セットメニューは、コーヒー、紅茶、ほうじ茶が選べるセット「空也もなかセット」(600円)と、抹茶のセット「もなか抹茶セット」(850円)の2つ。抹茶とほうじ茶は、豊臣秀吉お抱えのお茶師であった上林春松本店のもの。この日頂いたのは抹茶。空也もなかの上品な甘さと、抹茶のふくよかな香りにほっと癒されました。

漱石のイメージに合わせたメニュー

漱石のイメージに合わせたメニュー 左:長崎堂「バターケーキ」右:「オリジナルブレンドコーヒー」(ホット400円/アイス450円)
「空也」のお菓子以外も、老舗の名店が手掛ける珍しいメニューがいっぱい!「オリジナルブレンドコーヒー」(ホット400円/アイス450円)は、宮内庁御用達の「珠屋小林珈琲謹製」のコーヒー豆を使用。コーヒーの苦みが楽しめる深煎りで、スイーツとの相性も抜群です。
ほかにも、長崎堂の「バターケーキ」(400円)やするがや祇園下里の「黒ようかん」(抹茶セット850円)、創業文化元年の三谷製糖の讃岐和三盆と瀬戸内レモンで作った「レモンサイダー」(500円)など。どれも、漱石のイメージに通じる、上品で上質なメニューばかり!
グッズ販売のコーナー。クリアファイルやマグカップも。
グッズコーナーで人気なのが、デザイナーの神垣博文(IC4DEDIGN)さんが手掛けるかわいい猫が描かれた品々。大小さまざまな本に使える「ブックカバー(3枚セット)」(600円)や「しおり」(250円)は特に人気。2月22日の猫の日には100名の方に「ステッカー」(320円)が配られたそう。来年は要チェックです。
記念館周辺には、「坊ちゃん」の出身校である東京理科大学(旧・東京物理学校)や、漱石の父が命名した「夏目坂」、随筆「硝子戸の中」で描かれた酒屋や寺など、ゆかりの場所がいくつもあります。店内のお菓子や飲み物をテイクアウトして、春の散歩がてら巡ってみてはいかがでしょうか。

CAFE SOSEKI(カフェ・ソウセキ)

東京都 新宿区早稲田南町7 MAP

03-3205-0209

10:00~17:30

漱石山房記念館に準ずる

CAFE SOSEKI

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真