ログイン / 会員登録するアカウントを選択

トップパティシエ辻口博啓さんが手がける、究極のロールケーキ専門店「自由が丘ロール屋」

282
トップパティシエ辻口博啓さんが手がける、究極のロールケーキ専門店「自由が丘ロール屋」
※こちらの記事は2015年12月7日に公開されたものです。

東京・自由が丘にある「自由が丘ロール屋」は、トップパティシエ辻口さんが18歳のころから思い描いていた夢を形にしたお店。厳選された素材を使った、焼きたてのロールケーキが1切れから購入できます。

開店と同時にお客さんが押しよせる人気店

開店と同時にお客さんが押しよせる人気店
東急東横線・大井町線自由が丘駅から徒歩約8分。自由通り沿いに、トップパティシエの辻口博啓さんが手がけたロールケーキ専門店「自由が丘ロール屋」はあります。白くてかわいらしい外観で、ロールケーキを模したお店のロゴマークが目印。ロゴも店内も、すべて辻口さんがデザインしたのだとか。

夕方になると売り切れてしまうものもあるので、開店時刻に合わせていらっしゃるお客さんも多いようです。

辻口さんがロールケーキにこめる想い

辻口さんがロールケーキにこめる想い (左から)抹茶ロール、ショコラロール、モカプラリネのロール、自由が丘ロール
辻口さんといえば、自由が丘にある「モンサンクレール」のオーナーシェフとして有名ですが、あらためて簡単に経歴を見てみましょう。「全国洋菓子技術コンクール」「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」など、国内外の由緒あるコンクールで優勝経験が多数あります。その他テレビでの活躍、製菓専門学校の開校など、日本の食文化に大きく貢献し続けています。コンフィチュール、チョコレート、カステラなどコンセプトが異なる数々の専門店もオープンさせ、素材選びに相当な情熱をかけることでも知られています。

そんな辻口さんが作った専門店のひとつであるこちらのお店では、朝早くから丁寧に仕込まれたロール生地が、毎日”焼きたて”の状態で並んでいます。シュガーはオーガニックのもの、卵は比内鶏の新鮮なもの、ショコラは有機栽培のもの、というように厳選された”からだに優しい素材”が使われています。その他、和三盆糖や抹茶、ゴマ、ソバ粉、ヨモギなど”和素材”も積極的に使っているので、ここならではの味に出会えます。

定番で一番人気があるのは「自由が丘ロール」(カット325円/ハーフ1300円/1本1950円)。商品名に”自由が丘”という地名が入っているのも、ここで愛されている理由のひとつです。スポンジ生地、クレームパティシエール(カスタードクリーム)、 生クリームだけというシンプルな一品。シンプルだからこそ素材の良さが際立ち、口に入れた瞬間ミルクや卵の風味が感じられます。クリームとの相性が抜群の生地は、しっとりしていて弾力があります。

季節限定で店頭に並ぶ「モカプラリネのロール」

季節限定で店頭に並ぶ「モカプラリネのロール」
毎月新作が発売されますが、今月は「モカプラリネのロール」(カット430円/ハーフ1710円/1本2560円)もおすすめ。モカ風味のキュイエール生地に、アーモンドプラリネクリーム、きなこガナッシュを巻いたロールケーキです。他のロールケーキ生地とはまた違う、サクサクした食感を楽しめます。それぞれの風味と香りがお互いを引き立てあっていて、リピートしたくなるおいしさ。相性を熟知している辻口さんだからこそ、なせる技です。

こちらのお店では好きなフレーバーを1本やハーフサイズではなく、1切れから買えるのも魅力。1切れずついろいろなフレーバーを買って手土産にすれば、きっと喜ばれますよ。

自由が丘ロール屋(ジユウガオカロールヤ)

東京都 目黒区自由が丘1-23-2 MAP

03-3725-3055

11:00~19:00

水曜・第3火曜


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真