ログイン / 会員登録するアカウントを選択

横浜みなとみらいにニューオープン。工房を併設したカフェ「クルミッ子ファクトリー」

346
横浜みなとみらいにニューオープン。工房を併設したカフェ「クルミッ子ファクトリー」
鎌倉発祥の菓子店である「鎌倉紅谷」。数々の銘菓のなかでも、キャラメルにクルミを練りこんで焼き上げた「クルミッ子」は、パッケージのリスくんが愛らしさで人気の焼き菓子です。

この秋、工房を併設した「Kurumicco Factory(クルミッ子ファクトリー)」が横浜のみなとみらいエリアにニューオープン。工房でお菓子ができる様子を眺めたり、「クルミッ子」を使ったカフェメニューを味わったり、お菓子作りのワークショップを体験することができますよ。

キャラメルの香りが漂ってきそうな工房併設のお店

キャラメルの香りが漂ってきそうな工房併設のお店 お店の手前がファクトリー。奥のカフェでは港の景色も楽しめる
みなとみらい線・馬車道駅から歩くこと10分ほど。2019年10月31日に開業したばかりの横浜の新施設「横浜ハンマーヘッド」の2階に「Kurumicco Factory(クルミッ子 ファクトリー)」があります。

ここは、和洋菓子を手がける「鎌倉紅谷」が、お菓子ができるまでのドキドキやわくわく、新たな味に出会うときめきや幸せ、作る楽しさや喜びを体感できる場所を作りたいという思いからオープンしたお店。見る・味わう・体験するという3つの要素を一度に楽しめる空間です。

作っている過程も楽しい、ガラスの向こうを工場見学

作っている過程も楽しい、ガラスの向こうを工場見学
ガラス張りの「ファクトリー」では、クルミッ子の製造工程を見ることができます。

クラフトマン(菓子職人)がキャラメルを炊いたり、クッキー生地を伸ばしたり、オーブンで焼きあげたものを切り分けて包装するまでの流れから、丁寧な菓子作りを感じます。クラフトマンのきびきびとした動きも格好良く、見ているだけでワクワク!小さく切られ、レーンに乗ってトコトコ…と運ばれるクルミッ子は、なんだか愛らしくてきゅんとします。

港を眺めながら味わうクルミッ子づくしのカフェメニュー

港を眺めながら味わうクルミッ子づくしのカフェメニュー 「クルミミカップ」(500円/税別)
店内奥のカフェでは、横浜港を臨みながら、クルミッ子を素材として活かしたオリジナルスイーツがいただけます。同じカフェでも、「鎌倉紅谷 八幡宮前本店」の2階にある「Salon de Kurumicco(サロン ド クルミッ子)」とは異なるメニューを展開。ファンならずともチェックしたいスイーツがそろいます。

工房で作られるクルミッ子の“切り落とし”である「クルミミカップ」は、クッキー生地部分が多く、オリジナルブレンドのコーヒーといただくのにぴったり。
「The Factory'sクルミッ子パフェ」(780円/税別)
「Salon de Kurumicco」で一番人気のあるスイーツ「クルミッ子パフェ」をミドルサイズにアレンジした「The Factory'sクルミッ子パフェ」も甘党ならばぜひいただきたいスイーツです。
季節ごとのメニューも気になります。クルミッ子キャラメルソースの風味やコクを感じる和洋折衷のおしるこ「鎌倉紅谷のおしるこ」(500円/税別)は秋冬の限定。クルミッ子をどんなアレンジでいただけるのかと、シーズンごとに訪れるのが楽しみになりますね。

限定デザイン箱のクルミッ子やグッズがそろうショップ

限定デザイン箱のクルミッ子やグッズがそろうショップ 「クルミッ子5個入」横浜ハンマーヘッド限定パッケージ(670円)
ショップでは、クルミッ子や「鎌倉紅谷」のお菓子、リスくんをモチーフにしたファクトリー限定のオリジナル雑貨が並びます。

おなじみの「クルミッ子5個入」のパッケージも、ファクトリー仕様に。箱の表にはクルミッ子キャラメルを鍋でかき混ぜるリスくん、側面にはみなとみらいの風景が描かれています。横浜のおみやげとしてもぴったりです。
マグカップや蓋になるコースターにも「Kurumicco Factory」の文字が

手作り体験ができるワークショップも開催

手作り体験ができるワークショップも開催 通常サイズの約8個分サイズのホール。体験料は3000円(1人分/税別)
土・日曜、祝日は、工房で活躍するクラフトマンに教わるワークショップ「クルミッ子つくるっ子!」も開催します。生地をこねたり、キャラメルを流し入れたりしながら、ミニサイズのクルミッ子を作ることができますよ。完成したクルミッ子は、本のようなパッケージに入れて持ち帰ることができます。

ワークショップは要予約で、申し込みはホームページから。現在約2か月待ちと人気なので、気になる方は早めにチェックしてみてくださいね。
帰る前にチェックしたいのが、クルミッ子と同じ大きさのタイルを敷き詰めた店内の壁。焼き菓子色をしたこのタイルの中に、リスくんが隠れています。

さまざまなパターンのリスくんがいるので、ぜひ探してみて。用意されているフォトプロップスを使ってお気に入りのリスくんをカメラに納めてくださいね。
クルミッ子を作るリスくんたちを発見
見て、味わって楽しめる「クルミッ子ファクトリー」。鎌倉を飛び出して、みなとみらいでも長く愛されるお店になりそうです。ぜひ訪れてみてくださいね。

Kurumicco Factory(クルミッコファクトリー)

神奈川県 横浜市中区新港2-14-1 横浜ハンマーヘッド 2F MAP

045-263-9635 (受付11:00~19:00)

11:00~21:00(工場見学は11:00~19:00)

横浜ハンマーヘッドに準ずる

Kurumicco Factory

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真