ログイン / 会員登録するアカウントを選択

「`Olu`Olu」のドーナツは、ふんわりと優しい味なのです

143
「`Olu`Olu」のドーナツは、ふんわりと優しい味なのです
レトロな雰囲気が漂う商店街の一角にあり、お蕎麦屋さんのような甘味処のような店構えのオルオル。もっちりした食感のドーナツとこだわりのコーヒーで、のんびりとおやつの時間を楽しんで。

昔ながらの商店街に溶け込むオシャレなドーナツ屋さん

昔ながらの商店街に溶け込むオシャレなドーナツ屋さん
世田谷線の松陰神社前駅から徒歩2分ほど。「共悦マーケット」というレトロな商店街の中にオルオルはあります。

何軒かのお店が並ぶ長屋のような造りの商店街は、庶民的でどこか懐かしい雰囲気。長屋の角にあるオルオルのガラス戸を開けると、正面のショーケースに、おいしそうなドーナツとベーグルがずらりと並んでいます。

素材にこだわった生地は、季節によって発酵時間を変えています

素材にこだわった生地は、季節によって発酵時間を変えています
ショーケースに並ぶドーナツは全粒粉プレーン(150円)、クリームチーズ(200円)、黒ゴマあんきなこ(200円)、珈琲あんこ(210円)など、だいたい8~9種類。メニューは日替わりで、季節によって「よもぎ」や「ほうじ茶」といったちょっと珍しいドーナツもお目見えします。

白神こだま酵母で発酵し、ケトリングにニュージーランド産のブナのハチミツを使った生地はキメが細かく、粉本来の旨みが味わえます。さらに、ドーナツの中に入れるあんこやごまあんも手作り。あんこには京都丹波の大納言を使い、ごまあんは丁寧に擦ったゴマにさつまいもを合わせ、オリーブオイルでのばしているそうです。

アメリカンなドーナツとは一線を画したオルオルのドーナツ。もちもちした食感と、ほどよい甘さのドーナツは口コミで評判を呼び、閉店前に売れ切れてしまうこともしばしば。

むぎゅっとした歯ごたえのベーグル(牛乳、卵不使用)も人気ですよ。

店主こだわりのコーヒーもぜひ

店主こだわりのコーヒーもぜひ
コーヒーの種類が多いのもオルオルの特徴です。店内のメニューには、コーヒー通のご主人が厳選したスペシャルティコーヒーがずらり。

オリジナルのオルオルブレンドは、以前から愛飲していたという「堀口珈琲」に焙煎を依頼しました。苦味を抑え、あと口に酸味がすっと切れる味わいは、優しい甘さのオルオルのドーナツにぴったりです。

こだわりのコーヒーゆえか、ふらっと訪れる男性客も少なくないそうですよ。

`Olu`Olu(オルオル)

東京都 世田谷区世田谷4-2-12 MAP

03-3420-2727

10:30~18:30(売れ切れ次第、閉店)

不定休

`Olu`Olu

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD