ログイン / 会員登録するアカウントを選択

はちみつで作る生地の食感がたまらない、愛媛松山発のクレープ専門店「HONEY BEE CREPE tokyo」

242
はちみつで作る生地の食感がたまらない、愛媛松山発のクレープ専門店「HONEY BEE CREPE tokyo」
サクッモチッとした新食感のはちみつ入り生地が味わえるクレープのお店です。本場フランス風の食べ方が楽しめるメニューや、バリエーション豊富なトッピングに注目です。

商店街に漂う甘~い香りに誘われて

商店街に漂う甘~い香りに誘われて
高円寺駅の北口から歩くこと約5分。個性的なお店が立ち並ぶ庚申通り商店街は、まるでお祭りに来たかのようなにぎわいです。わくわくした気分で歩いていると、甘く芳ばしい香りが「HONEY BEE CREPE tokyo」から漂ってきます。

こだわりはじっくりと焼き上げる生地の食感

こだわりはじっくりと焼き上げる生地の食感 生地本来の食感を楽しめる蜂蜜フレッシュレモンバターは360円
お店は愛媛県松山市の人気クレープ専門店「crepe cafe Coco」の東京支店。店主の八幡さんは松山本店の立ち上げメンバーで、愛媛流のおいしいクレープを広めるため、単身上京してきました。
そんな店主が焼き上げるクレープには秘密が。はちみつを生地に加え、少し長めに焼いているのです。そうすることで生地が絶妙な層をつくり出し、クレープの食感を豊かにしてくれます。

クレープ生地の食感を楽しむなら、生地だけを巻いてはちみつをかけたシンプルな「蜂蜜フレッシュレモンバター」がおすすめ。
クレープの本場フランスでは、生クリームや盛りだくさんのトッピングは加えず、はちみつやアイスクリームと一緒にシンプルに生地を味わうのが一般的なのだそうです。一口食べると、それまで食べてきたクレープ生地との違いに驚かされます。

おすすめは旬のいちごを使ったメニュー

おすすめは旬のいちごを使ったメニュー 春のかおりのするいちごのティラミスは540円
もう1つ注目したいのは、こだわりのトッピングメニュー。
期間限定の「いちごのティラミス」は、いちご、生クリーム、ホワイトチョコレートアイス、マスカルポーネチーズに自家製エスプレッソソースをかけて生地で包み、上からココアパウダーをまぶしたティラミス風のクレープ。
甘さの中にソースの苦みとイチゴの甘酸っぱさが感じられる、これからの季節にぴったりのメニューです。

ほかにも、「蜂蜜クリームとフレッシュレモン」(360円)や「抹茶白玉小豆生クリーム」(540円)など試したくなるものばかり。

店内で焼きたてを味わってみては

店内で焼きたてを味わってみては
「生地の食感が一番わかる焼きたてを味わってほしい」という店主の思いから、店内にはイートインスペースを備えています。お得なドリンクセットもあるので、ゆっくりとクレープを味わいたい人にはこちらがおすすめです。

これまでのクレープでは、どこか物足りない。そんな人は、「HONEY BEE CREPE tokyo」の新感覚クレープを味わいに出かけてみてはいかがでしょうか。

HONEY BEE CREPE tokyo(ハニー ビー クレープ トーキョー)

東京都 杉並区高円寺北3-35-24 MAP

03-3337-4880

12:00~22:00

無休

HONEY BEE CREPE tokyo

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真