ログイン / 会員登録するアカウントを選択

予約は手紙で。日常をしばし忘れさせてくれる築160年の古民家、岩手・野田村「苫屋」

650
予約は手紙で。日常をしばし忘れさせてくれる築160年の古民家、岩手・野田村「苫屋」
※こちらの記事は2016年11月1日に公開したものです。

岩手県野田村にある「苫屋」は、築160年以上の南部曲がり家を改築した民宿&カフェです。電話がないので、予約のやりとりは手紙かはがきだけ。テレビも、インターネットもない小さな宿ですが、「不便」だからこそ味わえる時間を求めて、国内外から旅人たちがやってきます。

小さな集落にたたずむ、築160年の「南部曲がり家」

小さな集落にたたずむ、築160年の「南部曲がり家」 160年もの時間が積み重なった空間は、そこにいるだけで心が安らぐ
岩手県の県庁所在地・盛岡市から車でおよそ2時間半。北三陸に位置する野田村の小さな集落「日形井地区」に「苫屋」はあります。

昔ながらの山里にたたずむその宿は、今から160年以上前に建てられた「南部曲がり家」。岩手県と青森県にまたがる旧南部藩領の建築様式で、母屋と厩舎がL字型に隣接しているのが特徴。馬や牛を家族同然に大切にしてきた、この地方ならではの住まいです。
宿の周辺には昔懐かしい里山の風景が広がる
「苫屋」と染め抜かれた暖簾をくぐり中に入ると、左手には囲炉裏のある板の間。
夏でも火を絶やさないという囲炉裏からゆっくりと煙が昇り、静かな時間が流れています。

年月を重ねぴかぴかに磨かれた床と、燻されて黒ずんだ大きな梁。正時を知らせる振り子時計の音。ほの暗い空間で囲炉裏の火を見つめていると、慌ただしい日常が遠い世界のことのように感じられます。

返事を待つ時間が、旅を特別なものに

返事を待つ時間が、旅を特別なものに 部屋の一角に飾られた国内外の古道具やオブジェ。エスニックなアイテムが和の空間に不思議となじむ
「苫屋」には、電話もインターネットもありません。
だから、宿泊予約の手段は手紙かはがきだけ。

不便ではないですか?
宿の主人・坂本充(みつる)さん、久美子さん夫妻にそう訊ねると
「国内なら、郵便なんて3日もあれば届く。それで十分でしょう? 」と笑います。

ネットで手軽に旅の予約ができる便利な時代ですが、ちょっぴりの手間と時間をかけた分、日常では味わえないゆったりした時間を過ごせるのが「苫屋」の醍醐味。
この古風なやりとりも、旅人をひきつけてやまない魅力のひとつなのです。

手紙を受け取る坂本さん夫妻も、文字や文面から「どんな人かな」と想像しながらおもてなしの準備をするのだとか。

手紙を書くところから旅が始まるなんてすてき。
返事を待つ間のドキドキも、特別な思い出になりそうですね。

苫屋の古道具たちは今も現役。手動のコーヒーミルは、充さんが神戸で見つけたアンティーク

囲炉裏を囲み、食事やおしゃべりを楽しむ

囲炉裏を囲み、食事やおしゃべりを楽しむ 夕食は宿主夫妻も一緒に囲炉裏を囲む。写真は自家製野菜を使った前菜と、地元産の山ぶどうワイン
苫屋には客室が3つありますが、チェックインを済ませると、みんな自然と囲炉裏のある板の間に集まってきます。

食事ももちろん、囲炉裏を囲んで。宿主の坂本夫妻も一緒に食べます。

無農薬・不耕起栽培で育てた自家製の野菜や、近くで採って来た山菜、川魚など、出される料理のほとんどが地物&手づくり。素朴だけど滋味あふれる、優しい味わいです。

見知らぬ旅人同士でも、囲炉裏を囲むと心の距離が近くなるから不思議。
気づけば朝まで話し込んでいた…ということも珍しくないそうですよ。
一番小さな客室(6畳、ヒーター有り)
古民家のたたずまいそのままの「苫屋」ですが、水回りは使いやすくリフォームされ、トイレは洋式水洗、お風呂も共同ですが十分な広さがあります。

希望日に予約がとれない場合もあるので、予約の際は候補日をいくつか提示するのがおすすめ。また、苦手な食べ物やアレルギーあれば、それも一緒に伝えておくとベターです。

カフェ・ランチだけでも利用できます

カフェ・ランチだけでも利用できます この日のランチは「ズキニーのシチュー」。サラダ、自家製パン、コーヒー付きで1000円
民宿としてだけでなく、カフェとしても人気。
営業時間内なら予約無しで利用できます。

自家農園の野菜や地元食材を使ったシチュー、囲炉裏で焼き目を付ける自家製パンや手づくりケーキなど、ていねいに時間をかけたメニューばかり。空いていれば囲炉裏席、座敷席どちらでも座れます。


バナナのパウンドケーキ(左)とレアチーズ(右)はそれぞれ250円。

気軽に行ける場所にあるわけではありませんが、「わざわざ行く」からこその感動に出会える「苫屋」。

今年の秋冬、まずは手紙を出すところから、旅を始めてみませんか?

苫屋(トマヤ)

岩手県 九戸郡野田村大字野田5-22 MAP

なし

IN・OUT 時間指定なし(カフェ・ランチ営業 9:00〜17:00)

冬期休業(12月28日〜2月末日)※カフェ・ランチ毎週月曜定休(祝日は営業)

http://www.noda-kanko.com/kankou/stay/tomaya.html

料金:大人1名(夕食・朝食付き)6000円 ※11月〜4月は暖房費として+500円、タオル貸出の場合(300円)、予約は手紙かはがきで(往復はがき利用、または返信用切手同封だとありがたいとのこと)


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真