ログイン / 会員登録するアカウントを選択

いろんな味を食べ比べ。野菜いっぱいの南インドカレーが食せる、由比ガ浜「鎌倉バワン」

311
いろんな味を食べ比べ。野菜いっぱいの南インドカレーが食せる、由比ガ浜「鎌倉バワン」
※こちらの記事は2017年3月10日に公開されたものです

名所旧跡以外にも見どころの多い人気の観光地・鎌倉は、個性的なカレー専門店が多い街でもあります。そんなカレー激戦区に仲間入りしたのが、サラリとした口あたりと、キリッとした辛さが特徴の南インドカレー専門店「鎌倉バワン」です。

前身は人気のキッチンカー

前身は人気のキッチンカー 由比ガ浜通りに面したお店
2016年6月にオープンした「鎌倉バワン」はJR鎌倉駅西口から徒歩約15分、カフェやセレクトショップなどが点在し、おさんぽするのが楽しい由比ガ浜通り沿いにあります。

店名のバワン(Bhavan)とは、インドで「お屋敷」を意味する言葉。お店を切り盛りするオーナーの伊藤健太郎さんは、アジアを旅するうちにインドの魅力にはまってしまい、インド好きが高じてお店をオープンすることになったという経歴の持ち主です。
温かく出迎えてくれるオーナーの伊藤健太郎さん
「実は5年間、キッチンカーでの移動販売をしていました。ようやく店舗を持てることになったので、家とか館という意味の店名にしたんです」と伊藤さん。キッチンカー時代は「梵カレー」という名前で営業しており、大船界隈ではちょっと知られたお店でした。

南インドカレーってどんなカレー?

南インドカレーってどんなカレー? 本日のカレーから3種類をチョイスした「カレー3種盛」(1600円)
こちらのお店で提供されるのは、とろみが少ないスープタイプの南インドカレー。濃厚でクリーミーな北インドカレーと比べるとサラリとした舌ざわりで、スパイスの辛みと旨味をダイレクトに味わうことができます。
インド北部は小麦粉から作られたナンやチャパティが主食ですが、南部の主食はお米。辛みが強いけれど日本人の味覚に合うのは、お米と一緒に食べるからかもしれません。豆や野菜を使ったベジカレーが豊富で、ヘルシーなのも南インドカレーの特徴です

ミールスのおいしい食べ方

ミールスのおいしい食べ方 ワンプレート定食スタイルのミールス
配膳方法も独特です。ターリーというお盆のような大皿にライス、数種類のカレー、サンバルという汁物やアチャールと呼ばれるインド版のお漬け物、豆粉から作られたクラッカーのパパドなどが盛られたワンプレートスタイル。これがインド南部で一般的な「ミールス」という定食です。

ミールスのおいしい食べ方は、ターリーの上でライスとおかずを大胆に、自由に混ぜて食べることだそう。辛みの強いカレーと、マイルドなカレーを合わせたり、付け合わせを混ぜてみたりといろいろ試しながら、自分好みの味を見つけましょう。パパドを割り入れれば、食感にも変化がつきますよ。
お水はインドで購入した味のあるやかんで提供
出てきたお料理が完成形ではなく、自分流のアレンジを追求できるのがミールスの魅力。インドカルチャーのように混沌として奥が深いですね。

スパイス次第で変幻自在の味に

スパイス次第で変幻自在の味に カウンターとテーブル席3卓のアットホームな店内
バワンのフードメニューは「本日のカレー1種盛、2種盛、3種盛」(1000円、1300円、1600円)の3種類だけ。カレーは常時「ミート」「シーフード」「ベジ」のラインナップがあり、すべてのメニューに数種類の副菜がつきます。

「素材の味を活かしつつ、スパイス次第で無限の味付けができるのが南インドカレーのおもしろさです。いつかインド人のように、スパイスを自由自在に使えるようになりたいですね」と話す伊藤さん。今も年に一度はインドへ出かけているそうです。
由比ガ浜通りに面したお店。オーナー自ら内装を手がけた
スパイスの効いたカレーは、シナモン入りの甘いチャイはもちろん、ビールやワイン、ウイスキーとも相性がいいのだとか。ディナータイム(週3日)には、ターリーに乗ったたくさんのおかずをおつまみに、インド話を聞きながらお酒を飲むのも楽しそうです。

鎌倉バワン(かまくらバワン)

神奈川県 鎌倉市由比ガ浜3-2-23 MAP

070-5465-2253

11:30〜14:30(土、日曜11:00〜15:00)、18:30〜21:00(火〜木曜のみ)

月曜


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真