ログイン / 会員登録するアカウントを選択

ふっくらモッチモチのおむすびをどうぞ。京都のお米屋さんが営む「精米所カフェ」

999+
ふっくらモッチモチのおむすびをどうぞ。京都のお米屋さんが営む「精米所カフェ」
※こちらの記事は2017年5月21日に公開されたものです

青空の下でピクニックをしたくなる季節がやってきました。「ランチボックスの中は、おむすび派」というお米好きには、ちょっと気になるカフェが京都にあります。
上質なお米を使ったおむすびを、コンビニプライスで楽しめる「精米所カフェ 藤原米穀店」です。さて、どんなお店なのでしょう?

「米穀店」のイメージをくつがえす、おむすびカフェ

「米穀店」のイメージをくつがえす、おむすびカフェ 店主の藤原さんが 元気に迎えてくれる
阪急京都線、または嵐電の西院駅から東へ徒歩で約5分。住宅地の一角に「精米所カフェ」があります。陽が降り注ぐガラス張りの店内は、ナチュラルウッドのインテリアで統一。おだやかな時が流れています。

店主の藤原さんが「おいしいお米を気軽に味わってほしい」との思いから、カフェを始めたのは2015年のこと。以来、家業の「町のお米屋さん」と「カフェ」の2足のわらじを履いています。

毎日通っても楽しい、バラエティー豊かなおむすび

毎日通っても楽しい、バラエティー豊かなおむすび おにぎりとスイーツが並ぶカウンター。自家製の梅干しも
カウンターには、その日のおむすびがずらり。
梅干しや昆布、鮭やタラコといった定番に混じり、「スパム」や「チェダーチーズ」などの変わり種や、グリンピースといった旬の具材を包んだおむすびもありましたよ。
自慢のお米は、新潟魚沼産のコシヒカリを使っています。

日替りスープとセットにして、カフェランチ風に

日替りスープとセットにして、カフェランチ風に 「ベーコン&チェダーチーズ」(250円)と「日替りのスープ」(350円、おむすびとセットは50円引)
カフェは、カウンターで注文して席で待つ方式。
見た目のかわいらしさから「ベーコン&チェダーチーズ」をチョイス、チーズの香りと黒こしょうのスパイシーな風味が口いっぱいに広がります。そして、そんな濃厚な素材にも負けない存在感をもつ自慢のご飯。ふっくらもちもちの食感です。

味噌汁と合わせて、和定食風にも

味噌汁と合わせて、和定食風にも 「おむすび」(各種150円~)と「味噌汁」(150円、おむすびとセットは20円引)
カフェ風ランチのほかに、純和風のメニューも楽しめます。

本格的な朱塗りのお椀に入ったお味噌汁の具は、海の香りがする「あおさ」。
おむすびに使われている梅干しは自家製、鮭は北海道から取り寄せたものを、そして海苔は伊勢から取り寄せているそう。
お米をいっそうおいしくするための具材にも、しっかりと手がかけられているんですね。

デザートも充実、人気メニューはおはぎ

デザートも充実、人気メニューはおはぎ 「国産よもぎ入り丹波大納言小豆のおはぎ」(200円)と「アメリカーノ(シングル)」(200円)
お米を使った甘味の代表選手「おはぎ」もいただくことができます。ただし、毎日ではないので、あればラッキーなのだとか。
「おはぎがレアメニューになっているのは、その日の天候や行事に合うものを少しずつ作るからなんです」と藤原さん。この日は、よもぎ入りのおはぎやスコーンなどがありました。
本格的なコーヒーと合わせていただくこともできますよ。

テイクアウトして、青空の下でピクニック

こちらのカフェのうれしい点は、イートインだけでなくテイクアウトもできるところ。
しかも、質の高いお米を使っているので、冷めても風味やモチモチ感は変わりません。鯛と稲穂をモチーフにした、かわいいバッグにも心が弾みます。

テイクアウトして、青空の下でピクニック店主がデザインしたアートなバッグ
お店のある西院は阪急電車と嵐電の乗り換え駅で、鴨川や嵐山へも簡単にアクセスできます。天気のよい日には、おむすびやドリンクをテイクアウトして、ピクニックのお供に連れて行きませんか。

精米所カフェ 藤原米穀店(セイマイショカフェ フジワラベイコクテン)

京都府 京都市中京区壬生森町60 MAP

075-811-2332

12:00頃~18:00

日曜・祝日


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真