ログイン / 会員登録するアカウントを選択

台湾グルメもお土産探しも楽しめる「永康街」でしたい5つのこと|編集部レポ

491
台湾グルメもお土産探しも楽しめる「永康街」でしたい5つのこと|編集部レポ
懐かしい風景と活気に満ちた日常が混在し、グルメも観光も癒しも、ぎっしり詰まった台湾。日本から気軽に行ける渡航先として、近年人気を集めています。

今回、ことりっぷ編集部スタッフが台湾に行ってきたので、その様子をレポート!台湾初心者にもおすすめのスポットを厳選してご紹介します。
レポートするのは、台湾グルメのお店やおしゃれな雑貨屋さんが並ぶ「永康街(ヨンカンチェ)」。市の中心部に位置しており、観光客に人気のエリアなんですよ。

小籠包の名店「鼎泰豐」でランチ

小籠包の名店「鼎泰豐」でランチ
台湾に着いたらまずは、グルメを楽しみたいということで、小籠包の名店「鼎泰豐(ディンタイフォン)」へ。ミシュラン1つ星も獲得した世界になだたる有名店です。
名物の小籠包づくりはまさに、職人技で、皮は5g、あんは16gと決まっており、手作業で寸分たがわず作っていきます。
酢と醤油を3:1の割合で小皿に入れ、少しショウガを添えていただくのがおすすめの食べ方なのだとか。

鼎泰豐(ディンタイフォン)

台北市信義路二段194号MAP

02-2321-8928

10:00~21:00(土・日曜は9:00~)

無休


小さめサイズがうれしい「度小月担仔麺」の担仔麺

小さめサイズがうれしい「度小月担仔麺」の担仔麺
台湾の街を歩きながら、食べ歩きをしたいのは小吃(シャオチー)と呼ばれる、屋台やお店で気軽に食べられる定番グルメ。ちょっとずつ、いろいろな味をお手頃な値段で食べることができますよ。
今回訪れたのは「度小月担仔麺(トゥウシャオユエタンツァイミエン)」。台湾南部の名物・担仔麺がいただけるお店です。
担仔麺とは、麺の上に肉そぼろをかけた麺。あっさりとした海老出汁のスープに豚そぼろ、もちっとした細麺が絶妙にマッチして絶品です。「度小月担仔麺」では、店員さんが手際よく盛り付けていく様子が、通りに面したガラス越しに見ることもできますよ。

店内のメニューには、話題のマンゴー・パイナップル味のビールも発見。フルーティーで、トロピカルな香りが広がるとても飲みやすいビールです。

度小月担仔麺(トゥウシャオユエタンツァイミエン)

台北市永康街9-1号MAP

02ー3393-1325

11:30~22:00

無休


かわいいお土産を買うなら「嶢陽茶行」

かわいいお土産を買うなら「嶢陽茶行」
「嶢陽茶行(ヤオヤンチャハン)」のお茶缶は、カラフルで上品なパッケージが特徴。

編集部おすすめは、ライトブルーにピンクの花の「桂花烏龍」とピンク地に蝶々が描かれた「東方美人」。試飲をしたり、パッケージを見ながら、お気に入りを探してみてくださいね。

嶢陽茶行(ヤオヤンチャハン)

台北市大安區永康街9號MAP

02-2396-2500

10:30~ 22:00


「沁園」でシノズワリな茶器を発見♪

「沁園」でシノズワリな茶器を発見♪
アンティークな雰囲気が漂う「沁園(チンユェン)」では、台湾茶とセンスのよい茶器が人気。店内にはシノズワリ柄の茶器など、思わずうっとりしてしまう上質な茶器が並んでいます。店主は日本語が堪能なので、安心して買い物を楽しむことができますよ。

沁園(チンユエン)

台北市永康街10-1号MAP

02ー2321-8975

11:00~21:00

無休


やっぱり飲みたい!タピオカミルクティー

やっぱり飲みたい!タピオカミルクティー
台北の街中では、タピオカミルクティー片手に歩いている人々の姿をよく見かけます。
「CoCo都可」はタピオカミルクティー&フレッシュジュース専門店。氷と砂糖の量を自分で選ぶことができるそうで、今回は「氷なし・砂糖50%」をセレクトしました。もちもちのタピオカがたっぷりと入っていて、食感を楽しみながら、濃厚なミルクティーをいただけます。

路地裏にもグルメやショッピングなど楽しみがいっぱい!

路地裏にもグルメやショッピングなど楽しみがいっぱい!
いかがでしたか?
永康街は、様々な楽しみが詰まった街。紹介したお店以外にも、通り沿いのお土産屋さんを覗いたり、路地裏を探検してみたり、すみずみまで歩き回ってみてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD