ログイン / 会員登録するアカウントを選択

京都・烏丸四条にオープン!スパイスたっぷりのカレーといただく、こだわりのうどん処「くをん」

514
京都・烏丸四条にオープン!スパイスたっぷりのカレーといただく、こだわりのうどん処「くをん」
京都・烏丸四条に2018年12月10日にオープンした、和風かしわキーマうどんと京風スイーツの専門店「京都四条くをん」。ボリューム満点のこだわりのうどんに、オリジナルの京風スイーツが楽しめます。

京都らしい町家から発信する新しいうどん

京都らしい町家から発信する新しいうどん 窓の格子はそのまま再利用されている
四条烏丸より5分ほど。お店に近づくほどにカレーのいい香りが漂うので場所はすぐにわかりますよ。元呉服屋だった町家をリノベーションしているので、ところどころに当時の面影が残り、京都らしい風情がたっぷりです。

かつての内装を生かした和モダンな店内

かつての内装を生かした和モダンな店内 目の前でうどんが茹でる様子が見れるカウンター席
1階はテーブルとカウンター席、2階はテーブルのほかに掘りごたつ席もあり、ゆったりと過ごせます。2階に上がる階段は箱階段なので、町家ならではの趣もあり、坪庭を眺めながら食事ができるのも素敵です。

スパイスの香りと柔らかいかしわをじっくり味わう

スパイスの香りと柔らかいかしわをじっくり味わう 「串天五種盛りかしわキーマうどん」(1400円)
メニューは「名物かしわキーマうどん」と、「かしわキーマつけうどん」の2種類です。
キーマカレーに使われるスパイスは、石臼でていねいに手挽きされたもの。20種類以上を独自にブレンドし、香りがよく、ほどよい辛さがアクセントになっています。
メニューの「かしわ」は関西でよく使われる鶏肉の総称で、「くをん」では熊本県ブランドのうまかハーブ鶏を使用しています。鶏肉をスパイスにつけこむため、味がしっかり染み込み食感は柔らかです。

サイドメニューの串天は、天ぷらを女性にも食べやすいようにピンチョス風にアレンジしたもの。米油を使用し衣はサクサク。おすすめの串天がうどんとセットになっている3種盛りや5種盛りのほか、単品で好みのものを1本から注文できるのもうれしいですね。

灰色のうどんの秘密は2種類の小麦粉

灰色のうどんの秘密は2種類の小麦粉 カウンター席の前には国産小麦と焙煎発芽が
うどんは灰色なのがこだわりの証拠。国産小麦のほか、焙煎胚芽を使うからこそのカラーで、細麺ながらコシがあり、口の中でキーマカレーのスパイスにも負けないこうばしい小麦の香りが広がります。

味の変化を楽しんで

味の変化を楽しんで カウンター越しに見える湯気に期待が高まる
「くをん」のうどんには店独自のおすすめの食べ方があります。まずは麺をそのまま味わい、小麦の香りを楽しみます。次にうどんをキーマカレーとたっぷりからめて味わい、最後は追いつゆをかけて。こちらのつゆは、かつおだしベースと豆乳ベースから選べます。
残ったカレーは、どのうどんにもセットになっている、西京味噌漬けの卵黄がのった麦ご飯にのせ、締めとしてまた違った楽しみ方ができます。

オリジナルスイーツはあっさりヘルシー

オリジナルスイーツはあっさりヘルシー 豆華~とうか~(750円)
台湾のスイーツの豆花(トウファ)をヒントにした京風スイーツ「豆華(とうか)」は、甘く炊いた4種ほどの日替わり豆に豆乳プリン、白玉、タピオカなどがのったヘルシーな一品。黒糖か抹茶が選べるシロップに、添えられるきなこをかけていただきます。あっさりとした甘みなので、食後でも別腹で食べられると女性に人気です。

ほかにも季節限定の豆華や、京都宇治の抹茶やほうじ茶を使用したソフトクリームがのった、京クリームぜんざいもありますよ。ランチやディナーはもちろん、少し遅めのティータイムにも訪れてみてはいかがでしょうか。

京都四条くをん(キョウトシジョウクヲン)

京都府 京都市中京区新町通四条上ル小結棚町420 MAP

075-251-6661

ランチ11:00~15:00(L.O.14:30)、ディナー17:00~21:00(L.O.20:30)、土・日曜、祝日のみカフェ15:00~17:00(甘味とドリンクのみ)

不定休

京都四条くをん

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真