ログイン / 会員登録するアカウントを選択

ちょっとへんてこでかわいい♪「 妖怪いちご大福」が人気の「江戸うさぎ」

465
ちょっとへんてこでかわいい♪「 妖怪いちご大福」が人気の「江戸うさぎ」
※こちらの記事は2015年2月12日に公開されたものです。

日暮里にある「江戸うさぎ」は、かわいい妖怪の顔をした冬春限定の和菓子「妖怪いちご大福」で話題のお店です。通年販売の「妖怪あんず大福」や、季節に合わせた旬の和菓子たちも見逃せません。

下町・日暮里の新名物

下町・日暮里の新名物
JR日暮里駅の東口から歩いて約6分。住宅が立ち並ぶ小さな通りに、「江戸うさぎ」はあります。
食べた人に喜んでもらえる和菓子を提供したいと、おみやげ菓子の老舗「大藤」が開いた和菓子店です。お店ではたくさんの商品を扱っていますが、なかでも、ユニークな見た目の和菓子「妖怪いちご大福」(258円)がかわいらしいと評判です。

試行錯誤の末に完成したスイーツ

試行錯誤の末に完成したスイーツ 「妖怪いちご大福」。こし餡とミルク餡がある
妖怪いちご大福の生みの親は、商品管理部の横尾さん。普段から大福のかたちが妖怪っぽいと感じていた横尾さんは、近くにある谷中霊園の妖怪がイチゴにかぶりついているイメージを再現した、新しい大福を作ってみることに。目の離れ具合など、ビジュアルに徹底してこだわりながら、職人さんと一緒に試作品を完成させました。

社内での反応はイマイチでしたが、反対を押し切って販売してみると、あっという間に多くの人が手に取る人気者に。今では日によって、1日300個売れることもあるそうです。

1年を通して楽しめる妖怪シリーズ

1年を通して楽しめる妖怪シリーズ 「妖怪あんず大福」
大福に使われている餡は、北海道産の小豆を練り上げたこし餡と、イチゴと相性のよい練乳入りのミルク餡の2種類を用意。新鮮なイチゴの酸味を消さないよう、甘さをひかえめにしてあるので、口の中に絶妙な甘酸っぱさが広がります。餅生地にコラーゲンが配合してあるのも、女性にとってはうれしいポイントですね。

「妖怪いちご大福」は冬春限定ですが、別の妖怪たちもいるので安心です。1年中楽しめる「妖怪あんず大福」(227円)は、下町生まれの人にとって定番のデザート・あんず巻きをヒントに作りました。浅草のあんず専門加工メーカー「港常」から仕入れたあんずの甘露煮を、餡と合うように酸味をプラスして仕込んでいます。

また、夏には火の玉をイメージした「水大福」(164円)、秋にはベレー帽をかぶった「くり大福」(285円)なども登場します。

おみやげメーカーならではの商品も販売

おみやげメーカーならではの商品も販売

店には、お饅頭やお煎餅もたくさんあります。名物の「一口黒糖饅頭」(8個129円)のほか、銀座の歌舞伎座で大人気だという小判形のお煎餅「これでよしなに」(5枚500円)など、ユーモアたっぷりのお菓子も並んでいます。

店舗の横には、イートインスペースがあるので、買ったばかりのお菓子をその場で食べることもできます。かわいくておいしい「妖怪いちご大福」を味わいに、一度日暮里を訪れてみませんか。

江戸うさぎ(エドウサギ)

東京都 荒川区西日暮里2-14-11 MAP

03-3891-1432

9:00~18:00(冬季は~17:30)

日曜、祝日(臨時休あり)


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真