ログイン / 会員登録するアカウントを選択

本日、東京駅にオープン!旅の思い出を彩る今、話題のトラベラーズノート専門店

616
本日、東京駅にオープン!旅の思い出を彩る今、話題のトラベラーズノート専門店
2017年4月27日(木)、JR東京駅地下1階改札外「グランスタ丸の内」に「TRAVELER'S FACTORY STATION(トラベラーズファクトリー ステーション)」がオープンしました。

店内には、使うほどに味がでる革製カバーとカスタマイズの自由さが人気の「トラベラーズノート」のほか、東京駅や鉄道をモチーフにした店舗限定アイテムも並びます。立ち寄るだけで旅気分が盛り上がる店内に、早速入ってみましょう。

鉄道旅の出発地・東京駅にできた国内3号店

鉄道旅の出発地・東京駅にできた国内3号店 JR東京駅 丸の内地下北口改札を出ると、目の前に店舗がある(写真提供:デザインフィル)
JR東京駅 丸の内地下北口改札を出るとすぐ、「トラベラーズファクトリー ステーション」が見えてきます。

「トラベラーズファクトリー ステーション」は、いまや世界中のユーザーから愛される「トラベラーズノート」の他、旅を感じる文具や雑貨などを展開する「トラベラーズファクトリー」の国内3号店としてオープン。日本の空の玄関口ともいえる成田空港に出店した2号店に続き、今度は日本の鉄道旅の出発地・東京駅での出店となりました。
実際に使われていたコンテナやレールなどをインテリアに使用。鉄道のオブジェも旅気分を盛り上げる
お店があるエリアはJR東京駅と東京メトロ丸ノ内線東京駅との結節点になっているので、観光客だけでなくビジネスパーソンも多く行き交います。そのため、店内には「日常的に東京駅を使う人たちも、旅する気分を感じられるように」との想いからセレクトされた文具や雑貨、旅の道具が並んでいます。

インテリアにもぜひ注目を。レジカウンターに本物のコンテナを使ったり、実際に使われていたレールと枕木を組み合わせて本棚を作ったりしているんですよ。使い込まれた「トラベラーズノート」の革カバーの雰囲気に合うように、あえて古めかしい雰囲気を残しているのだそうです。

東京駅限定。鉄道モチーフの「トラベラーズノート」

東京駅限定。鉄道モチーフの「トラベラーズノート」 「トラベラーズノート STATION EDITION」(4536円)、「トラベラーズノート リフィル STATION EDITION」(453円)(写真提供:デザインフィル)
「トラベラーズファクトリー ステーション」のオープンに合わせて、鉄道や東京駅をモチーフにしたオリジナルグッズが新たに登場しました。

茶色い革のカバーに金箔のロゴが捺された「トラベラーズノート STATION EDITION」も限定アイテムのひとつです。このロゴは、行き先も運行時間も分からない架空の列車・トラベラーズトレインをモチーフにしているのだそう。旅が始まるワクワク感が、ノートから伝わってくるようです。

「トラベラーズノート リフィル STATION EDITION」は無罫です。こちらの表紙にも、トラベラーズトレインのロゴが配置されています。

ロゴの位置を上にした理由は「スタンプを捺したりシールを貼ったりして、リフィルのカスタマイズを楽しんでほしいから」とのこと。そのままでも十分素敵ですが、アレンジして自分らしいノートをつくるのも良いですね。

リフィル下に捺したのは、店舗オリジナルのスタンプ

リフィルのカスタマイズが楽しくなる限定アイテムも

リフィルのカスタマイズが楽しくなる限定アイテムも 「ロールシール」(各518円)(写真提供:デザインフィル)
リフィルのカスタマイズアイテムとして人気のアイテムにも、新柄が登場しました。

東京駅先行販売となるロールシールには、昔走っていた特急電車や寝台特急のヘッドマークがプリントされています。浪漫あふれるデザインが、旅心をくすぐります。普段使いの手帳やノートのワンポイントに貼るのも素敵ですね。
活版印刷ならではのカスレや凹みが味わい深いステッカーや、日本ならではの文化が英語で解説されているマスキングテープもありますよ。どちらも貼るだけでポイントになるデザインです。

47都道府県すべてデザインが異なるスタンプも自由に捺せる

47都道府県すべてデザインが異なるスタンプも自由に捺せる リフィルのカスタマイズを楽しめるスタンプスペース
店内には、スタンプを自由に捺せるスペースがあります。購入したリフィルを買ったら、ずらりと並ぶスタンプから好きな柄を選んで捺してみましょう。あっという間に、自分だけのリフィルが出来上がりますよ。
47都道府県のスタンプがあるのは「トラベラーズファクトリー ステーション」だけ
47都道府県のスタンプが置いてあるのは、日本の鉄道旅の起点・東京駅にある店舗ならでは。スタンプには、各地の名所や特産物がデザインされています。リフィルの表紙に、旅の発着地のスタンプをぽんと捺してみてはいかがでしょうか。

東京駅パッケージのコーヒーキャンディは旅のお土産にも

東京駅パッケージのコーヒーキャンディは旅のお土産にも 「コーヒーキャンディ TOKYO STATION」(540円)
「トラベラーズファクトリー」各店舗で販売されている「オリジナルコーヒーキャンディ」は、東京駅バージョンのパッケージに入れて販売されています。レンガ色のパッケージに金箔の東京駅駅舎がよく映えます。

中目黒の老舗飴工場で作ったオリジナルのキャンディは、国産の砂糖と水飴、ブラジル産のコーヒーだけを使って作られています。東京土産にはもちろん、仕事や勉強の息抜き用に自分で買っても良さそうです。
開業記念の「オリジナルコーヒーキャンディ」は、なくなり次第終了(写真提供:鉄道会館)
オープニングキャンペーンとして、税込1500円以上購入した人には開業記念のパッケージに入った「オリジナルコーヒーキャンディ」のプレゼントがあります。なくなり次第終了となるのでご注意ください。
旅が始まるワクワク感に溢れている「トラベラーズファクトリー ステーション」。これから旅に出る人や東京観光に来た人はもちろん、仕事や買い物で東京駅を通り過ぎる人たちもきっと楽しめますよ。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

TRAVELER'S FACTORY STATION(トラベラーズファクトリー ステーション)

東京都 千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内 地下1階改札外 MAP

03-6256-0486

月曜〜土曜 10:00〜22:00、日曜・祝日10:00〜21:00

無休


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真