ログイン / 会員登録するアカウントを選択

満月カレーや金箔キーマカレーも! 下北沢にオープンしたユニークな専門店「他力本願寺咖哩」

108
満月カレーや金箔キーマカレーも! 下北沢にオープンしたユニークな専門店「他力本願寺咖哩」
この夏、下北沢にオープンした「他力本願寺咖哩」というユニークな名前のカレーショップ。もともとレトルトカレーを作っていた店長さんが、なにか「ネタになるカレー」をと考え、16種類ものスパイスを使って開発したカレーが評判を呼んでいます。

「お寺」をイメージした店名に

「お寺」をイメージした店名に 店内はギャラリーになっており、作品の購入もできる(展示費用は無料)

下北沢駅からあずま通りをまっすぐ5分ほど歩くと、カレーショップ「他力本願寺咖哩」が見えてきます。個性的なポスターやのぼりは、広告デザイナーでもある店主の瀬口隆志さんが「面白そうだから」と自ら作成。
店名は「カレーといえばインド。インドといえば仏教。お寺からインスピレーションを受けて」思いついたものだそう。

ブラックキーマとレッドキーマの2色カレー

ブラックキーマとレッドキーマの2色カレー 「他力本願寺カレー」(1500円)
店名同様、カレーもまた個性的です。看板メニューでもある「他力本願寺咖哩」は、太極図を模して作ったオリジナルカレー。ブラックキーマとレッドキーマで、太極のなかに陰陽が生じた様子を表しました。陽中陰と陰中陽にはそれぞれキャンディチーズを乗せ、数珠をイメージして円を描くようにひよこ豆をトッピング。
ひき肉にガムラマサラなど16種のスパイスを配合し、ウスターソースで味付けをしたブラックキーマはコクがあり、竹炭を使っているので健康にも良さそう。トマトベースのレッドキーマは酸味が強く、ブラックキーマと合わせていただくことでバランスの良さが引き立ちます。
「満月キーマカレー」(1200円)
こちらはブラックキーマに、下北沢にあるたまご専門店「とよんちのたまご」を乗せた「満月キーマカレー」。
しっかりとした濃いめのカレーが、たまごをくずしていただくことでまろやかな味わいに。トッピングのナッツで、食感の変化も楽しめます。

とろ〜りチーズのかかったチーズバーグカレー

とろ〜りチーズのかかったチーズバーグカレー 「乳酪バーグ咖哩」(2500円)なんとSNSにアップで500円引きに!

レッドキーマとハンバーグに、熱々のチーズをかけた「チーズバーグカレー」は、トマトの酸味とクリーミーなナチュラルチーズが好相性。最もカレーに合うチーズを探し、組み合わせを何通りも試してやっと完成した一品です。

すべてのカレーにはスープがつくので、少し残したカレーにかけ、最後にお茶漬け感覚でいただくとまた違った味わいが楽しめますよ。
「普通のカレー」「牛すじカレー」(各500円)、「超カレーGOD」(1000円)

他にも1日5色限定の「金箔キーマカレー」(5000円!)や「ホントに普通のカレー」(1000円)などユニークなメニューのほか、2種のカレーが入ったテイクアウト用の「カレー弁当」(900円)、レトルトカレーやチャイも販売しています。

店内には細かいところにも店主こだわりの「ネタ」が散りばめられているのですが、それは来てからのお楽しみ。カレーを食べながら見つけてみてくださいね!

「お持ち帰り用チャイ缶」(1500円)

他力本願寺咖哩 瀬口家(タリキホンガンジカレー セグチヤ)

東京都 世田谷区北沢2-9-17 MAP

070-3882-3386

12:00〜15:00、18:00〜22:00 、日曜 11:30〜15:00、17:00〜23:00

月曜(ランチのみ12:00〜15:00営業)

他力本願寺咖哩 瀬口家

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD