ログイン / 会員登録するアカウントを選択

まるで映画『アメリ』の世界みたい♪ 海外の雑貨や本に囲まれた恵比寿のカフェ「アメリエケイ」

444
まるで映画『アメリ』の世界みたい♪ 海外の雑貨や本に囲まれた恵比寿のカフェ「アメリエケイ」
※こちらの記事は2016年4月4日に公開されたものです

カフェ「アメリエケイ」は、素敵なご夫婦が経営する恵比寿のカフェ。フランス映画『アメリ』のように、訪れる人に小さな幸せを感じてもらいたい、という思いでスタートしました。新鮮な野菜たっぷりのお料理と、居心地のいい空間に心癒やされます。

雑居ビルの2階にある異国風の空間

雑居ビルの2階にある異国風の空間
JR恵比寿駅から徒歩10分、恵比寿ガーデンプレイスからは5分ほどの閑静な住宅街にある、「Café Galerie Amélie et K(カフェ ギャラリー アメリエケイ)」。
ビルの小さな入口から続く階段を上ると、シャンデリアが下がった優雅な部屋が現れます。

店内を見回すと、あちこちに珍しい小物が置かれているのに気づきます。どれもエキゾチックな異国の香りがして、つい見とれてしまいます。

オーナーの髙寺奎一郎さんは、観光開発のお仕事でいつも海外を飛び回っているそう。髙寺さんがアフリカやベトナム、中近東などさまざまな地域から持ち帰ったものを店内に飾り、不思議と統一感のある雰囲気を作り上げているのです。

店の名前は3年前のオープン時に、「映画『アメリ』のように小さな幸せをそっとプレゼントできる店にしたい」という気持ちを込めてつけたのだとか。

ジンバブエのショナ族によるビーズ細工
さまざまな国の雑貨や書籍が並ぶ本棚

舌も心も満たされるエスニックランチ

料理を作っているのは奥さまの真理さん。以前は航空関係の仕事をしていて、外国にもよく足を運んだとのこと。現地で覚えたレシピをもとに、栄養のバランスがいいメニュー作りをこころがけているそうです。

おすすめは13:00~16:00に注文可能なランチメニュー。なかでもボボティーがメインの「プレートランチ」(1000円)が好評です。

舌も心も満たされるエスニックランチカフェオーナーの髙寺奎一郎さんと真理さん
「プレートランチ」のライスは白米や黒米、赤米など日によって変わる。フランスの「クスミティー」(左上・600円)も人気
“ボボティー”は南アフリカの国民食のひとつ。写真では右下の黄色いお料理のことです。ひき肉にスパイスを混ぜて卵液を注ぎ、オーブンで焼いたもので、ライスといっしょにいただくのが一般的だそう。

その味は、スパイスの風味がきいたハンバーグのよう。クセがなくておいしく、ご飯がよくすすみます。
もうひとつの人気メニューが「ファラフェルランチ」(1000円)。“ファラフェル”とは、中近東でよく食べられているひよこ豆のコロッケのこと。これをピタパンにはさんだサンドイッチに、白ごまのタヒニソースをかけていただきます。

ファラフェルがカリッと香ばしく、ふっくらしたピタパンとの相性も抜群。ボリューム満点で、とっても豊かな気持ちになれるヘルシーランチです。

世界中からやってきた珍しい雑貨も販売

世界中からやってきた珍しい雑貨も販売
「アメリエケイ」を訪れたら、海外から仕入れた雑貨もぜひチェックしてみてください。なかには髙寺さんが地元の協力を得て商品化したものも。

オリーブの木の製品は、パレスチナのベツレヘムにある有名な工房で作られたもので、独特の木目が味わい深いです。
硬くて殺菌力が高いというオリーブの特性を生かした、まな板(2800円~)やお皿(1500円~)などの製品が揃っています。

「ナバリ」(900円)は、パレスチナ産のエキストラバージンオリーブオイル。原種に近いナバリというオリーブを無農薬、無化学肥料で育て、コールドプレス、ノンフィルター製法で抽出したものです。

砂漠の民ベドウィンによる手織りのクッションカバー(8000円~)はインテリアとしても使われている
このほか、ベトナム産の塩や、各国のビーズアクセサリーなど、探せば探すほど素敵なものが出てきそうな予感。


慌ただしい日常を忘れてひと息つきたい、ちょっとした隠れ家のような「アメリエケイ」。
静かなひとときとおいしい料理、かわいい雑貨の姿に、小さな幸せを見いだせそうですね。

Café Galerie Amélie et K(カフェ ギャラリー アメリエケイ)

東京都 目黒区三田2-5-11 吉田ビル2階 MAP

03-3712-1870

13:00~22:00

月曜

Café Galerie Amélie et K

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD