ログイン / 会員登録するアカウントを選択

京都・西陣の八百屋カフェ「ベジサラ舎」で、滋味あふれるカラフル野菜のランチを

140
京都・西陣の八百屋カフェ「ベジサラ舎」で、滋味あふれるカラフル野菜のランチを
「お芋はね、炊飯器で蒸すと簡単なんよ」「帰りのバス分かる?」「今から配達行きます」。まるで、市場のような会話が聞こえてくる店先。織物の町・西陣の一角にある「ベジサラ舎」は、八百屋&食堂という珍しいお店です。自然派野菜を使ったランチが人気で、旅のおみやげとして野菜を買う方も多いとか。その魅力を探りに、さっそく訪れてみました。

築約100年の糸工房を改装した町家カフェ

築約100年の糸工房を改装した町家カフェ 白いのれんをくぐった先は、野菜や果物が並ぶ八百屋さん
「ベジサラ舎」へは、京都駅からバスで約30分。乾隆校前バス停を下車、千本ゑんま堂前の信号を東へ折れ、そのまま蘆山寺通を進みます。やがて軒先に吊るされた「八百屋&すこやか食堂」の旗が見えてきたら、その古い町家がお目当てのカフェです。

八百屋と食堂がベジサラ舎の両輪

八百屋と食堂がベジサラ舎の両輪 通りに面して八百屋、町家の奥にカフェスペースがあります
オーナーの中本千絵さんが、親戚から受け継いだ町家で小さな八百屋を開いたのは3年ほど前のこと。子育ての傍ら料理教室を主宰し「子供たちに安心して食べさせられる野菜を」との思いから、自身が食べて「おいしい」と感じた生産者を訪ね歩いたことがきっかけでした。
古い町家ならではの庭をのぞむ座敷席
そうするうちに、無農薬や有機栽培で育てられた野菜が評判を呼び、軌道に乗った八百屋でしたが、中本さんには新たな悩みがありました。「野菜が新鮮であることは大切なのですが、鮮度や形を理由に廃棄することは避けたかった・・・・・・。工夫次第で十分おいしく食べられるのだから」

それを解決するための試みとして、昨年7月に「すこやか食堂」を併設、八百屋のスペースも拡大し、新たな「ベジサラ舎」が誕生する運びとなりました。

畑の思いを食べる人に伝えるランチ

畑の思いを食べる人に伝えるランチ 「今月のすこやかSet」(1480円)
月替わりのメインに小鉢と汁物が付く「すこやかSet」は、野菜をたっぷりと味わえる一押しメニュー。この日は、カラフルな野菜あんがかかったチキン南蛮に、白和えとかす汁、そしてピクルスが添えられていました。

うずまきビーツなど珍しい素材も使われていますが、大半は人参や大根、ほうれん草にレタスなど毎日の食卓で見かけるものばかり。「ここで味わった料理を、家庭でも作って欲しいので、どこででも手に入る材料を使った奇をてらわないメニューを心がけています」と中本さん。

また、素敵な作家ものの器も、京都の川勝五大さんをはじめとする市販されているものばかり。気に入ったら、ふだんの生活に取り入れることもできます。

しっとりふわふわ手作りシフォンケーキ

しっとりふわふわ手作りシフォンケーキ 「バニラシフォン フルーツアイスのせセット」(1000円)
ランチだけでなく、スイーツもすべてが手作りという手の込んだもの。シフォンケーキ、アイス、フランボワーズソースも、すべて自家製です。とりわけ、柑橘類などフルーツのおいしさは格別。コーヒーは、京都のロースター「山居」さんの豆が使われています。

スタッフとの交流が楽しい八百屋コーナー

スタッフとの交流が楽しい八百屋コーナー 楽しいお手製のポップに思わず手が出てしまいそう
「ベジサラ舎」では、ランチやカフェタイムの後に、野菜や果物を求める人が絶えません。
たとえば、「スイーツのオレンジがおいしかったな」とか、「あの人参ドレッシング、どうやって作るんだろう」と気になることがあれば、ぜひお店で尋ねてみましょう。おいしい食べ方やレシピを教えてもらえます。

そのような交流から生まれてくる市場のような空気感こそが、ベジサラ舎の魅力なのです。今度の京旅では、スタッフの方から聞いた料理のレシピが、旅のおみやげになるかもしれませんね。

ベジサラ舎(ベジサラしゃ)

京都府 京都市上京区西社町179 MAP

075-415-0438

10:00~17:00(ランチ11:30~14:30)

日・月曜


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真