ログイン / 会員登録するアカウントを選択

奈良「てのべ たかだや」で出会う、1200年もの歴史を持つ三輪そうめんの新たな楽しみ方

97
奈良「てのべ たかだや」で出会う、1200年もの歴史を持つ三輪そうめんの新たな楽しみ方
夏の味覚の定番「そうめん」は、約1200年前に現在の奈良県桜井市三輪で誕生したと伝えられています。2020年春にオープンした「てのべ たかだや」は、そんな発祥の地から、手延べそうめんの新たな楽しみ方を発信するショップ&カフェ。こちらでは、季節を問わず味わいたくなるそうめんの魅力や真似したくなるオリジナルメニューに出会えます。

そうめん発祥の地で生まれた新ブランド

そうめん発祥の地で生まれた新ブランド 神の山として古来より信仰され大神神社のご神体とされている三輪山を東に望む
日本最古の神社といわれ、そうめんの誕生にも深い関わりを持つ大神神社から車で5分ほど。国道169号沿いで目を引く真新しい建物が「てのべ たかだや」です。

そうめん発祥のこの地で「三輪そうめん」として愛される手延べそうめんを一筋に手がけてきた「マル勝髙田」。その新ブランドの実店舗として、2020年春にオープンしました。
建物は2020年度のグッドデザイン賞を受賞
ショップとカフェ、社屋が併設された建物には木材がふんだんに使われています。特に印象的なのは、ショップとカフェスペースを覆うように配されたやぐら。たくさんの木と大きな窓から差し込む自然光に包まれ、居心地の良い時間が流れます。

伝統を守りながら新たな時代のそうめんを

伝統を守りながら新たな時代のそうめんを ギフトボックスも揃い、気軽な手土産から贈答用まで幅広く対応してくれる
「てのべ たかだや」のコンセプトは、「新しい食べるシーンを生み出すこと」。新たな食べ方を提案することで、上質な手延べそうめんをより身近に、四季を通して楽しんでもらいたいという想いからスタートしたそうです。この地でそうめん作りを続ける中で大切にしてきた伝統の手延べ製法や素材へのこだわりはそのままに、新感覚の商品を展開しています。
(手前から時計回り)1年以上熟成させる“古物”の「つるり」など(各2束入/270円~)、「本格黒つゆ」「海老塩金つゆ」(各200ml/810円)、そうめんフロランタン(1個/270円)
看板商品の手延べそうめんは、定番の「つるり」をはじめ、通常の麺の約1/3の細さまで延ばした「とろり」、吉野本葛を練りこんだ「もっちり」など、食感をそのまま表現した商品名がユニーク。そうめん以外にうどんやそば、パスタなど、熟練の麺師の技術を活かした全13種類の手延べ麺が揃い、ポップなパッケージでギフトにもおすすめです。

そうめんに欠かせないつゆは2種類。定番の味だからこそとことんこだわった「本格黒つゆ」は、鰹と昆布の出汁に醤油をブレンドし、干し椎茸の旨みをきかせた一品。いりこと干し海老の出汁をベースに爽やかに仕上げた「海老塩金つゆ」は、そのまま希釈してかけつゆにするのはもちろん、オリーブオイルやバジルにも合い、食べ方の幅が広がります。

オリジナルメニューが揃うカフェ「sumen」

オリジナルメニューが揃うカフェ「sumen」 フレッシュバジルとバジルオイル、すだち果汁が爽やかな「海老塩金つゆ 冷」(770円)、「奈良の茶飯いなり」(330円)
カフェスペース「sumen」では、「てのべ たかだや」の麺やつゆを使ったメニューが味わえます。1年以上熟成させる「つるり」と、通常の約1/2の細さに延ばした「さらり」の2種から麺を選び、つゆは天然原料で作られた数種類からお好みで。
麺・つゆ・トッピングが選べる「素麺」(550円~)
おぼろ昆布をのせた「本格黒つゆ」のにゅうめん、黒つゆをベースにクルミと白味噌を加えた「たっぷり胡桃白つゆ」などの定番メニューに加え、「世界を旅する」というテーマで世界各地の料理とそうめんを掛け合わせた季節替わりのメニューも登場予定。夏のイメージが強いそうめんですが、ここでは季節に合わせた楽しみ方に出会えます。
「温州みかんジュース」「吉野の梅スカッシュ」(各550円)
そうめんだけでなく、スイーツやドリンクメニューも充実。奈良県五條市「堀内果実園」の梅シロップを使った梅スカッシュ、奈良県産のみかんを使ったフレッシュなみかんジュースなど、地元の味覚を使ったドリンクが人気です。

「山の辺の道」散策の休憩にも

「山の辺の道」散策の休憩にも 店舗スペースのやぐらは金物を使わない伝統技術で組み立てられている
「てのべ たかだや」から少し足をのばせば、日本最古の道として知られる「山の辺の道」があります。道沿いには大神神社をはじめとする古社寺、古墳や史跡など歴史を感じるスポットが点在し、季節の花や紅葉が楽しめるハイキングコースとしても人気。ランチやひと休みに立ち寄り、周辺を散策するのもおすすめです。

時代ごとに変化しながら、1200年もの時を超えて愛される三輪そうめん。ぜひこの地の歴史に思いを馳せながら味わってみてください。

てのべ たかだや(テノベ タカダヤ)

奈良県桜井市芝374-1MAP

0120-38-3876 (9:00~17:00)

9:00~17:00、食事は11:00~16:00、ドリンク・スイーツは10:00~16:30

水曜


新しくなった「ことりっぷ 奈良・飛鳥」では、こちらの記事のほかにも魅力溢れる奈良・飛鳥の今を紹介しています。ことりっぷオンラインストアのほか、ことりっぷアプリの電子書籍をぜひチェックしてみてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真