ログイン / 会員登録するアカウントを選択

京都にオープンした“呑める本屋”。約800冊がそろう、食の本の専門店「レボリューションブックス」

584
京都にオープンした“呑める本屋”。約800冊がそろう、食の本の専門店「レボリューションブックス」
※こちらの記事は2016年10月24日に公開されたものです。

本も読みたい、コーヒーも飲みたい。できれば、お酒も…。京都にオープンした「レボリューションブックス」は、そんな“欲張り”なオーダーに応えてくれるお店。
1冊の本との出会いを求めて訪れてみませんか?楽しい「飲み友達」との出会いもあるかもしれません。

「食」をテーマに集められた本、約800冊がそろう呑める本屋

「食」をテーマに集められた本、約800冊がそろう呑める本屋 ずらりと並んだ絵本。親子で訪れる人もいるのだとか
阪急河原町駅から歩いておよそ5分。西木屋町通沿いに「レボリューションブックス」はあります。
こちらのお店は、食に関する本を専門に扱う本屋さん。店内奥の書棚スペースには、約800冊の本が並んでいます。ひとことで「食」といっても、その切り口は多彩。食文化にまつわるもの、専門書、レシピ集、食を題材にした小説やエッセイ集などもあります。絵本も多くそろっていますよ。

「コーヒー」(350円)
こちらのお店の特徴は、「カフェ使い」、「居酒屋使い」の両方ができること。購入を決めた本であれば、飲食スペースに持ち込んで飲みながら本を読むことができます。
コーヒーは、京都・元田中にある人気の焙煎所「ウィークエンダーズ」の豆を使用。浅煎り、中煎り、深煎りから選ぶことができます。
「生ビール(小)」(300円)と「豚皿」(450円)
また、オープンの13時からお酒も楽しむことができます。サイドメニューもとても豊富。お店を始める前に居酒屋で“修行”を積んだという店主が、腕を振るいます。京都屈指のラーメン店「夢を語れ」の麺を使った「アブラタレ炒め麺 feat.夢を語れ」など、京都ならではのメニューもあります。いずれも500円以下というリーズナブルさもうれしいですね。

「食」を切り口に世界を広げて

「食」を切り口に世界を広げて
店主・西谷さんにオススメの本を3冊選んでもらいました。『とうがらし マニアックス』、『異国の絶品グルメ図鑑』はともに、一つのテーマを掘り下げ、そこから世界を広げてくれる点がいいと西谷さん。さらに、『うどん対ラーメン』は、「うどんとラーメンのどちらが麺として優れているかを争うというもので、単純におもしろいですよ」と話してくださいました。

「食」というテーマは、だれにとっても身近ですが、その展開の幅がとても広い、と西谷さん。普段本をあまり読まない人も、気負いなく手に取ることができ、その奥深さに引き込まれていく…。そんな魅力を感じます。ぜひ、コーヒーやお酒とともに、すてきな1冊との出会いを体験してみてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD