ログイン / 会員登録するアカウントを選択

300通り以上の組み合わせから”自分好みのコーヒー”をオーダーできる「Gentle Belief」

186
300通り以上の組み合わせから”自分好みのコーヒー”をオーダーできる「Gentle Belief」
東京・外苑前にある自家焙煎コーヒーの専門店「Gentle Belief (ジェントル・ビリーフ)」では、”オンリーワンのコーヒー”が飲めると評判です。コーヒー豆は40種類以上から選べて、好みの度合で焙煎してもらえます。

40種類以上あるコーヒー豆と、8段階ある焙煎度合

40種類以上あるコーヒー豆と、8段階ある焙煎度合
東京メトロ銀座線外苑前駅から歩くこと約2分。青山通り沿いにあるビル「フォンテ青山」の1階に、そのお店はあります。
入店するとすぐに、きめ細かい焙煎を実現するマイクロロースター”ディスカバリー”と、その隣にずらりと並ぶ40種類以上のコーヒー豆が目に入ります。これらの豆はテイクアウト用で、それぞれのラベルに原産国、農園、品種、精製方法が記載されています。
また、焙煎度合は基本的に”ライトロースト”〜”イタリアンロースト”まで8段階ありますが、もっと細かい要望にも応じてくれます。その場で焙煎してもらった豆は2, 3日寝かせて、その後1週間ぐらいが飲み頃だそうです。
”自分好みのコーヒー”を、300通り以上の組み合わせから探してみてくださいね。

自分好みの”オンリーワンのコーヒー”に出会える

自分好みの”オンリーワンのコーヒー”に出会える
お店のスタッフは、コーヒーのスペシャリストである店長の浅野さんと泰圓澄さん。浅野さんはこの道30年のベテランで、コーヒー業界の重鎮です。そんな浅野さんに、ペーパードリップ式でのおいしいコーヒーの淹れ方を教えていただきました。

まず基本は、とにかく”あせらず丁寧にゆっくりと”、5回くらいに分けて淹れること。88〜90度のお湯を、1, 2湯目はたらす感じで、3湯目以降は静かに細く注ぐのがコツなのだとか。粉が蒸れてもわっと膨らむ様子は、まるで生きているかのように見えます。
”コーヒーの壁を崩さないこと”も重要とのこと。ペーパーフィルターの壁につく粉にお湯をかけてしまうと、アクを取り入れてしまうことになり、雑味が増えるからだそうです。

この日作ってもらったのは、「フレンチブレンド」(500円)。ウガンダ、マンデリン、ルワンダの3種類をブレンドした豆で、焙煎時間が長めの”フレンチロースト”という焙煎度合で作ってもらいました。やや強めの苦味とかすかな酸味があり、雑味のないクリアな味でした。

コーヒーに合う、自家製アイスがのったクレームブリュレ

コーヒーに合う、自家製アイスがのったクレームブリュレ
コーヒーに合うスイーツもあります。おすすめは「クレームブリュレ」(650円)。バーナーで2度焼きしてキャラメリゼしているので、表面はカリカリです。ウガンダ産のオーガニックバニラビーンズを使った自家製アイスが添えられていて、口の中で良い具合にミックスされます。時間が経ってアイスが少し溶けてきても、それが良い”ソース”になって、これがまたコーヒーに合います。

「まずお客さんと会話しなければ、その人の”オンリーワン”は見つけられない。人の嗜好は変化するので、そのときそのときに応じて作ります。どんなコーヒーでも作れますよ」と語る浅野さん。
浅野さんと泰圓澄さんが淹れる、自分だけの”オーダーメイドコーヒー”を作ってもらいに、ぜひ立ち寄ってみてください。

Gentle Belief (ジェントル・ビリーフ)

東京都 港区南青山2-22-14 フォンテ青山 1F MAP

03-6438-9252

月~金 10:00~21:30(L.O.20:30)、土・祝 10:00~20:30(L.O.19:30)、日 10:00~18:00(L.O.17:00)

不定休(年末年始休みあり)

Gentle Belief

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真