ログイン / 会員登録するアカウントを選択

異国のビーチを訪れたみたい。横浜赤レンガ倉庫で人気イベント「RED BRICK BEACH」がスタート!

135
異国のビーチを訪れたみたい。横浜赤レンガ倉庫で人気イベント「RED BRICK BEACH」がスタート!
8月25日(日)まで、みなとみらいの横浜赤レンガ倉庫で夏限定イベント「RED BRICK BEACH」を開催中。白い砂浜とピンクに満たされた会場は、まるで別の国に来てしまったかのよう。入場無料で自由に過ごせ、昼は爽やかな風を感じながらランチやカフェタイムを、夜は幻想的なライトアップに包まれながらバータイムをまったりと楽しめます。

異国のリゾートをイメージしたプライベートビーチ

異国のリゾートをイメージしたプライベートビーチ 赤レンガ倉庫に挟まれたイベント会場。景観がよく開放感いっぱい
みなとみらい線馬車道駅、または、日本大通り駅から歩いて約6分の横浜赤レンガ倉庫。歴史的建築物の赤レンガ倉庫を活用した文化・商業施設の1号館と2号館の間にあるイベント広場に「RED BRICK BEACH」が約1ヶ月間、出現しています。
海に向かうピンクの道。フラッグが風ではためく音も心地よい
夏の恒例イベントとして9回目を迎える今年は、“プライベートビーチ”をテーマに、異国のリゾートをイメージ。メインエントランスから入場するとピンクの道が伸び、頭上にはピンクのフラッグ、南国を思わせるさまざまな種類のヤシの木も葉を広げます。

会場デザインは、店舗にグリーンがあふれる川崎「SOLSO FARM」や南青山「SOLSO PARK」などのプロデュースを手がけ、話題を呼んでいる植物のプロ集団「SOLSO」が担当。日常にはないエキゾチックな雰囲気と居心地のよさが漂い、まさにリゾートを訪れた気分です。
椅子やテーブルのほかにハンモックやブランコもあちこちに

世界各国のスパイシーフードで夏の暑さをしのいで

世界各国のスパイシーフードで夏の暑さをしのいで 冷製ヌードルやガパオライス、タコスを提供するブースも
道の両側には6軒の飲食ブースが並び、フードは夏の暑さをふき飛ばす旨辛メニューが中心。韓国の甘辛いコチュジャンを絡めた「ヤンニョムチキン」(500円〜/鶴橋辛味食堂 鶴心)から、メキシコのチリコンカンを挟んだ「ピタサンド」(800円/Tiger Cafe)まで、各国の味が揃います。
「グリーンカレー」(フライドポテト・サラダ付き1200円/Tiger Cafe)
おすすめはハーブを贅沢に使用したタイの「グリーンカレー」。野菜がごろごろと入り、さっぱりとした味ながら辛味もしっかり。旨辛メニューは辛さを調節できるものもあるので、辛いのが苦手な人は注文時に相談して。辛味のないメニューも用意していますよ。
「ケイジャンチキン&チップス」(1000円/アッシュ×エム)はお酒が進む

ここでしか味わえないドリンクやスイーツも

ここでしか味わえないドリンクやスイーツも 「Tiger Cafe」は国内で唯一、テキーラ入り生ビールを販売(夜のみ)。ピリ辛ソースのスペアリブと合う
リゾート気分を盛り上げるドリンクも充実しています。海に面した世界各地のビールを集めた「Tiger Cafe」、カクテルコンペで優勝経験のあるバーテンダーをアドバイザーに迎えたラム酒専門バー「SCREW DRIVER」などが出店。ほかでは味わえないお酒もあります。
キャラメルとラム酒の相性がよい「ポップコーク」(1100円/SCREW DRIVER)。ノンアルコールのカクテル「ピンクフローズンレモネード」(600円/RED BRICK GRILL WAGON)でも喉をうるおせる
スイーツはミルクのかき氷にフルーツ、アイス、フルーツソースをトッピングした「フルーツたっぷりスノーアイス」、3種類のミルクをひたしたマンゴーケーキ「トレスレチェス マンゴーケーキ」がおすすめ。どれも彩り鮮やかで、夏にぴったりのひんやり食感です。
韓国発の「フルーツたっぷりスノーアイス」(1300円/鶴橋辛味食堂 鶴心)、マンゴーとミルクの濃厚な味がとろける「トレスレチェス マンゴーケーキ」(500円/LECKER〜MEXICAN CAFÉ&DINER〜)

オーストラリアから届いた白砂のビーチでのんびり

オーストラリアから届いた白砂のビーチでのんびり 夏の太陽の下でも熱くならない砂。きめ細くてさらさら
会場奥まで進むと現れるのは、オーストラリア・パースの天然砂を敷きつめた真っ白な砂浜。横浜港の潮風を感じながら、横浜ベイブリッジや大さん橋の眺めも楽しめます。お盆の時期を除く週末の夜には無料の音楽イベントも開催。気持ちのよい時間がゆるゆると過ぎていきます。
ライトアップされて幻想的な夜。落ち着いた大人のビーチに
17時からはイベント名が「RED BRICK CHILL BEACH」に変わり、ライトアップによってビーチの非日常感がいっそう増します。フードやドリンクメニューも昼と夜で異なるものがあるので、それぞれの雰囲気と味を楽しみに訪れてみて。素敵な夏を満喫できそうですね。

RED BRICK BEACH、RED BRICK CHILL BEACH(レッドブリックビーチ、レッドブリックチルビーチ)

神奈川県 横浜市中区新港1-1-1 MAP

045-227-2002 (横浜赤レンガ倉庫2号館インフォメーション(受付11:00〜20:00 日によって異なる))

2019年07月27日 (土) ~ 2019年08月25日 (日)

RED BRICK BEACH10:30〜17:00、RED BRICK CHILL BEACH17:00〜22:30(L.O.22:00)

※荒天時は休業することあり


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真