ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【瀬戸焼編③】あざやかな藍色と手描きの味わいが心地よく調和する、窯元「眞窯」のうつわ

58
【瀬戸焼編③】あざやかな藍色と手描きの味わいが心地よく調和する、窯元「眞窯」のうつわ
白い磁器の器に絵付けを施す瀬戸染付焼(せとそめつけやき)。藍色の濃淡による表現や、絵柄の構図などが高く評価される瀬戸焼です。大正時代から瀬戸染付焼を手がける窯元「眞窯」(しんがま)のうつわは、伝統的な技法を受け継ぎながら、幅広いシーンになじむシンプルなデザインが魅力。4代目の加藤真雪さんに、作品の特徴と瀬戸染付の技法を紹介してもらいました。

余白を生かしたすっきりとしたデザイン

余白を生かしたすっきりとしたデザイン 工房に隣接した展示販売コーナーは事前予約制。工房内に新たなファクトリーショップを設ける計画もあるとか
瀬戸染付焼が生まれたのは19世紀初頭。それまで陶器だけを生産していた瀬戸に、磁器の生産方法が伝えられ、白い素地に絵付けをする染付が始まりました。呉須(ごす)という顔料を使って文様を描きガラス質の釉薬をかけて焼成すると、文様が藍色に発色します。

1919(大正8)年創業の眞窯。現在は真雪さんと父・眞也さん、母・美穂子さんの3人で作陶を行っています。
「眞窯のうつわは白の余白を生かしたシンプルなデザイン。それを際立たせるためのあざやかな発色と、手描きの線だからこそ生まれる強弱を大切にしています」と真雪さん。家族で共同して制作していますが、それぞれに考案したデザインもあり、窯元としての統一感の中に各々の個性がさりげなく彩りを添えています。
さんきらの葉をイメージした鉢「youmyaku」2200円~(左)、伝統的な文様をあしらったロングセラー「麻の葉八角預け鉢」2640円~(中)、すっきりとした藍の縁取り「ライン」1980円(右上)

巧みな技で濃淡を表現する藍一色の美しさ

巧みな技で濃淡を表現する藍一色の美しさ 濃みでは筆先は器に付けず、表面張力でふくらんだ呉須をすーっと引っ張っていく感じだそう
瀬戸染付の絵付けで特徴的なのが“濃み(だみ)”と呼ばれる技法。大きく太い筆にたっぷりと含ませた呉須で、濃淡を付けながら描いていきます。素焼きの素地への沁み込みを計算しながらグラデーションをつける技術は、染付の中で一番習得が難しいとか。それだけに、藍一色で表現された立体感は、うっとりするような美しさです。

デザイナーとのコラボレーションによるブランド“FLOW”でも、濃みの技法によって花々が表情豊かに描かれています。染付では釉薬をかけて藍色を艶やかにするのが一般的ですが、あえてそれをせず水墨画のような淡い色合いを生かしているのも特徴です。
花が伸びて成長するように見えるタンブラーや、茎がはみ出した皿など、3次元での表現も“FLOW”の魅力。マグカップ8800円~、グラス14300円~など
裏表で絵柄が異なるリバーシブル花器。北欧風の柄やサイズ、形も多彩で、たくさん集めたくなる。3300円~
20代の頃は陶磁器を扱う商社に勤めていた真雪さん。いろいろなやきものを見ていく中で、「やっぱり眞窯のうつわは素敵だな」と感じて、4代目を継ごうと決めたそう。
「眞窯のうつわを古いと感じたり、変えたいと思ったりしたことはありません。これまでのデザインや品質を大切にしながら、自分らしさも取り入れていけたらいいですね」と真雪さん。それに加えて、問屋への卸が中心だった販売方法だけでなく、SNSやイベントなどを通じて、より多くの人に眞窯の魅力を伝えることにも取り組んでいます。

やわらかなブルーと家族のぬくもりで満たされた焼き菓子店

やわらかなブルーと家族のぬくもりで満たされた焼き菓子店 「BAKESHOP & CAFE mitten」の店内でほほ笑む真雪さん(左)と有記奈さん(右)。やさしい笑顔や物腰など、姉妹ならではの共通点が感じられる
眞窯の敷地内にある「BAKESHOP & CAFE mitten」は、真雪さんの妹、有記奈さんが店主を務めるお店。毎日食べたくなるやさしい甘さのクッキーやシフォンケーキなどが北欧をイメージした店内に並んでいます。
14種類ほどがそろうクッキーは、おつまみにもなる塩味や、砂糖でなく蜂蜜を使ったものなどさまざまな味がラインナップ。眞窯の作品であるピアスや花器を模ったものなど、形もいろいろです。
クッキーはテイクアウトで170円~。ギフト用の有料ラッピング(450円~)では、やきもののチャームを付けられるので、瀬戸のおみやげとしてもおすすめ
「家族が作ったうつわに自分のお菓子をのせて提供したい」という有記奈さんの願い通り、イートインの食器はどれも眞窯で作られたもの。クッキーをのせる丸いお皿は少し高さがあって、素朴なクッキーもちょっとおめかしした雰囲気に。「今度はこんな柄を」というオーダーに応えてきて今では20種類以上あるとか。店内で販売もされています。
ご両親は畑で野菜や果物の栽培もしているそうで、採れたかぼちゃやさつまいもはお菓子に、ゆずや梅はドリンクに使われるなど、うつわ以外でもつながる家族の絆が感じられます。

mittenは現在席数を減らして営業中で、テイクアウトのみの日もあるので、インスタグラムなどで事前に確認を。眞窯でのうつわ選びとmittenでのひと休み。どちらも楽しめるうれしい時間が待っていますよ。
クリームがのったキャロットケイク430円(テイクアウトは400円)。かぼちゃやくるみ、レーズンなども入り、スパイスやシナモンも効いている。ブレンドコーヒー460円

眞窯(シンガマ)

瀬戸市中品野町330MAP

0561-41-0721

12:00~17:00

不定休 ※販売は事前予約制で、工房見学はイベント時のみ

眞窯

BAKESHOP & CAFE mitten(ベイクショップアンドカフェミトン)

瀬戸市中品野町330MAP

0561-78-5774

12:00~18:00(LO17:00)、土・日曜、祝日は~17:00 (LO16:00)

火・水曜日

BAKESHOP & CAFE mitten

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真