ログイン / 会員登録するアカウントを選択

神楽坂の住宅街に佇むアンティークな邸宅レストラン「シャブラン神楽坂」でアフタヌーンティーを

105
神楽坂の住宅街に佇むアンティークな邸宅レストラン「シャブラン神楽坂」でアフタヌーンティーを
神楽坂の住宅街の中に、知る人ぞ知る隠れ家的な邸宅レストラン「シャブラン神楽坂」を見つけました。邸宅の中には、アンティークな家具やおしゃれな調度品がいっぱい。フォトジェニックな空間の中、アフタヌーンティーやお食事で優雅な気分を味わって。

まるで童話の世界!?

まるで童話の世界!? 緑に囲まれたアプローチ
牛込神楽坂駅から徒歩6分。住宅街の一角にある「シャブラン神楽坂」は中世ヨーロッパの雰囲気たっぷりの邸宅レストラン。道路に面した大きな黒い扉を開け、一歩足を踏みいれると、そこはもう別世界。お庭には、豊かな自然に囲まれたアプローチがあり、その先がレストランの入り口になっています。
茶色い扉がレストランの入り口

ロココ調のインテリアに胸躍る

ロココ調のインテリアに胸躍る 1階の完全予約制の部屋「ローズ」
お店のコンセプトは、「お屋敷のお嬢様や主人のように過ごせる、執事のいるレストラン」。店内には、アンティークの家具や、クラシカルな調度品がずらり。非日常空間で、特別なひとときを過ごせます。

部屋は1階から3階までそれぞれコンセプトの異なる5部屋をご用意。1階は、「ローズ」と「クラウン」の2部屋で、どちらも人気のお部屋なので、前もっての予約がおすすめです。

華やかさと美しさを備えた調度品の数々
1階の「クラウン」。大きなデスクの奥が席
1階の「ローズ」はピンクを基調としたロココ調の家具が並ぶ華やかなお部屋。お姫様気分に浸りたい女子に人気です。「クラウン」は書斎をほうふつとさせるクラシカルなテイストの洗練された部屋で、男性・女性関係なく人気だそう。
2階にある部屋「サムシングブルー」
2階には、おしゃれな貴婦人やマダムをテーマにした「マスカレード」、ブルーのパステルカラーが美しい幸せを呼んでくれそうなお部屋「サムシングブルー」(予約制)そして、ソファ席のある「メインルーム」の3部屋があります。


予約なしでも利用できる2階のお部屋「マスカレード」
3階にある「執事室」
また、3階には執事の仕事部屋をイメージした「執事室」が用意されています。こちらでお食事をいただくことはできませんが、自由に出入りして、お部屋や調度品などの写真と一緒に撮影を楽しめます。

優雅なアフタヌーンティーを

優雅なアフタヌーンティーを 「主人のアフタヌーンティー」(3600円)
ランチやディナー、スイーツのメニューも充実しています。こちらに来たらぜひ味わいたいのが、ランチタイム限定の3段のプレートからなる「主人(あるじ)のアフタヌーンティー」(3600円)。

上段には、自家製のオレンジケーキや、苺のロールケーキ、クリームとイチゴソースののったパンナコッタ、中段には野菜たっぷりのキッシュやワッフル、かぼちゃのスープ、下段にはチキンのホットサンドやクッキー、サラダなどがのった、前菜からデザートまで贅沢なセット。
執事のていねいなサービスもうれしい
紅茶は、その日のおすすめをご提供。この日は、アールグレイをいただきました。執事の恰好をしたスタッフが紅茶を淹れてくれます。ちょっとしたお姫様気分を味わって。

セットメニューやドリンクも

セットメニューやドリンクも メイン料理の「舌平目のムニエル」(単品1490円)
「アフタヌーンティー」のほかにも、「舌平目のムニエル」や「ビーフシチュー」など魚料理や肉料理からメインが選べる「主のお食事プランA」(オードブル付き3180円~)や「主のお食事プランB」(スイーツ付き3500円~)などお料理のセットメニューもいろいろ。

「キャットウォーク」(1200円)
執事が目の前でシェイカーで作ってくれる「執事のノンアルカクテル」(1300円)や、お屋敷に住んでいるという設定の猫の足跡が付いたタピオカミルクティー「キャットウォーク」(1200円)など、全12種類のノンアル&アルコールドリンクもあります。

フォトジェニックな空間の中、手軽にアフタヌーンやお食事が楽しめる「シャブラン神楽坂」。非日常を堪能したいときにおすすめですよ。

シャブラン神楽坂

東京都 新宿区中町14-2 MAP

03-6228-1903

11:00~16:00(最終入店15:00)  17:00~22:00(最終入店21:00)

火曜、水曜、土曜


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真