ログイン / 会員登録するアカウントを選択

日本三大銘茶・静岡茶を使った限定かき氷10選~2023年「茶氷プロジェクト」今だけ開催中~

89
日本三大銘茶・静岡茶を使った限定かき氷10選~2023年「茶氷プロジェクト」今だけ開催中~
日本一のお茶処・静岡県で、静岡茶を使った創作かき氷が楽しめる「茶氷プロジェクト」が、2023年もスタート。県内の各店舗で、そこでしか食べることができない、限定かき氷を味わえます。6年目となる今年は、新しく茶氷の名店7店舗が加わり、全60店舗にパワーアップ。今回はその中から、気になる10個の茶氷をピックアップしました。この夏、おいしい、かわいい夏の和スイーツ・茶氷に出会う旅をしてみませんか?

このエリアのホテルを予約
ことりっぷ編集部おすすめのホテルをピックアップ

【静岡市】まるごと抹茶かき氷、まるごとほうじ茶かき氷/茶の芽

【静岡市】まるごと抹茶かき氷、まるごとほうじ茶かき氷/茶の芽
静岡市街地から車を走らせること約30分。藁科都市山村交流センター「わらびこ」のお向かい。自然豊かな山合いに、古民家風の一軒家がふっと溶け込んでいます。「茶の芽」は創業73年の森田製茶が営む和カフェ。急須で丁寧に淹れるお茶と、おいしいお団子が楽しめるお店として、2016年にオープンしました。

歴史ある静岡銘茶とお茶に合うお団子は、「気持ちまで満たされる」と話題に。傍らに設けられた、お茶室と水琴窟も、店内に風情を添えています。
「まるごとほうじ茶かき氷」(770円)、「まるごと抹茶かき氷」(880円)
こちらの茶氷は、削った氷に、お茶のシロップをかけるのではありません。あらかじめ氷自体に、お茶の新芽や抹茶、粉末ほうじ茶を混ぜ合わせて固めて削り出します。そのため、どこを食べても必ずお茶。最後の一口まで、お茶の旨味や風味をダイレクトに味わえます。

オンリーワンの茶氷は、心にまで染み渡り、お茶に対する真摯な姿勢が伝わってくるよう。お茶好きなら、ぜひ食べておきたい逸品です。

茶の芽(チャノメ)

静岡県静岡市葵区大原1827MAP

054-270-1313

10:00〜17:00(LO16:30)

月曜・第4火曜(祝日の場合は翌日)


【焼津市】静岡抹茶づくし/SANOWA 丸玉園登呂田店

【焼津市】静岡抹茶づくし/SANOWA 丸玉園登呂田店
続いてご紹介するのは、焼津市の住宅街にある「SANOWA (サノワ)丸玉園登呂田店」。こちちらは、創業70年を超える老舗「茶匠 丸玉園」のセカンドブランド。手軽でおしゃれな煎茶や和紅茶、ブレンドティーなどを販売しながら、店内の一角で、お茶を使ったカフェメニューを提供しています。

店内に入ると、坪庭を眺められるイートインスペースが。ゆっくり、まったりできて、お茶の時間にぴったりです。
「静岡抹茶づくし」(1300円)
茶氷プロジェクトでは、自分で抹茶を点てて“手作りのシロップ”をつくる、体験型のかき氷を楽しめます。

まずは、説明書きを読みながら、自分でお茶を点てるところからスタート。茶筅(ちゃせん)を振り、細かい泡がたったら完成です。その後、店員さんに声をかけると、器が見えないほど山盛りの氷と牛乳を席まで届けてもらえます。できたての抹茶は、牛乳に入れれば抹茶ラテに。甘露を加えて甘さを調整したら、抹茶シロップのできあがり。静岡抹茶の魅力に、とことん浸れます。

SANOWA 丸玉園 登呂田店(サノワ マルタマエン トロタテン)

静岡県焼津市東小川5-9-17MAP

054-621-5501

10:00〜18:00(LO17:00) 

水曜(8月は無休)


【静岡市】茶氷 ブリュレ/雅正庵 千代田本店

【静岡市】茶氷 ブリュレ/雅正庵 千代田本店
のどかな田園風景が広がる、静岡市の一角。静岡駅から車で約10の場所に「雅正庵 千代田本店」はあります。お店を営むのは、創業70年を超える製茶問屋「小柳津清一商店」。お茶のおいしさや魅力を発信する場所として、「雅正庵」が作られました。

お茶屋さんのお店だけあって、食事もスイーツも、お茶が主役。ここだけの味を求めて、県外からわざわざ訪れる人も多くみられます。
「茶氷 ブリュレ」(1200円)は、焼津西小川店でも販売
同プロジェクトでは、新作として、「茶氷 ブリュレ」が登場。たっぷりの氷には、ほろ苦くて濃厚な静岡産抹茶シロップをかけて。さらに、生クリームとカスタードを焦がしたブリュレを氷の上にオン♪ ブリュレのパリパリと、ふわふわ氷との食感のコントラストを楽しめます。

氷の中に隠された、あんこや自家製の抹茶プリンも大人好みの味わい。最後のひとさじまでおいしい、パフェのようなかき氷を楽しんで。

雅正庵 千代田本店(ガショウアン チヨダホンテン)

静岡県静岡市葵区千代田7丁目1-47MAP

054-267-3008

平日11:00~17:00(LO16:00)、土日祝11:00~18:00(LO17:00)

期間中無休


【菊川市】菊川抹茶みるく/San grams 菊川本店

【菊川市】菊川抹茶みるく/San grams 菊川本店
静岡県の東部。知る人ぞ知るお茶の産地・菊川市には、秘密にしておきたいお茶カフェがあります。それが「San grams(サングラム)菊川本店」。こちらは、創業124年の老舗製茶問屋「丸松製茶場」直営のお茶カフェ。お茶を淹れるときの適切な茶葉の量「3グラム」から、「サングラム」と名付けました。

緑広がるガーデンを眺められるテラス席もあり、日常を忘れるための気分転換にぴったり。JR「菊川駅」から徒歩3分というアクセスの良さも魅力です。

「菊川抹茶みるく」(1100円)
ぜひ味わってほしいのは、茶氷プロジェクト限定の「菊川抹茶みるく」。自家製シロップに高級な菊川産抹茶をたっぷりと使い、清涼感のあるかき氷に仕上げました。ほろ苦くも、奥深い味わいで、抹茶好きにはたまりません。

どんどん食べ進めていくと、中からマスカルポーネクリームと抹茶ゼリーが。「San grams」ならではの仕掛けに心が躍ります。かき氷に合うように添えられた、香ばしいほうじ茶も一緒にどうぞ♪

san grams 菊川本店(サン グラム キクカワホンテン)

静岡県菊川市堀之内1−1MAP

0537-36-1201

10:00~17:00(LO16:30) 

火曜、水曜


【静岡市】長田の桃と和紅茶の氷、海野農園のいちごと和紅茶の氷/ニガクナイコウチャ

【静岡市】長田の桃と和紅茶の氷、海野農園のいちごと和紅茶の氷/ニガクナイコウチャ JR静岡駅ビル「パルシェ」食彩館にオープンした「ニガクナイコウチャ」
「ニガクナイコウチャ」は、銘茶の隠れ里・両河内(りょうごうち)にあるお茶農家直営「グリーンエイトカフェ(GREEN∞CAFE)」のアンテナショップ。お店の名前の通り、まろやかで飲みやすい、苦くない和紅茶の専門店です。

和紅茶に力を入れたお店だけあって、和紅茶だけでなんと常時9種類を提供。黒を基調としたスタイリッシュなパッケージもおしゃれで、静岡土産やプレゼントにぴったりです。
「長田の桃と和紅茶の氷」「海野農園のいちごと和紅茶の氷」(各1080円)
2023年の茶氷では第一弾として、まろやかな和紅茶の風味に合う、いちごと桃を使った2種類のメニューが登場。トッピングに使用するのは、静岡市葵区にある「海野農園」の章姫「百姓のいちご」と、桃の産地・静岡市駿河区長田地区の「長田の桃」です。自家製のフルーツシロップは、風味豊かな果肉がごろごろ♪ 口に含んだ瞬間、極限まで果物のフレッシュさを感じさせる贅沢な味わいです。余韻までおいしいかき氷をぜひ味わって。

ニガクナイコウチャ(ニガクナイコウチャ)

静岡県静岡市葵区黒金町49 JR静岡駅ビル パルシェ1F食彩館MAP

080-7146-0074

パルシェ定休日に準ずる


「GREEN∞CAFE」のティーテラスは、ワンオーダー制 店頭メニュー+330~440円
茶氷2種は、両河内の「GREEN∞CAFE」でも楽しめます。こちらでは、茶畑に囲まれた貸切ティーテラスがあり、ロケーションも最高♪ ピクニック気分で茶氷を楽しんでみてはいかがでしょうか?

GREEN∞CAFE(グリーンエイトカフェ)

静岡県静岡市清水区和田島349-4MAP

054-395-2203

10:00~16:00

月曜・火曜(その他不定休)


【藤枝市】あさひな玉露金時/玉露の里

【藤枝市】あさひな玉露金時/玉露の里 のどかな里山に佇む道の駅「玉露の里」
藤枝市岡部町の「朝比奈」エリアは、京都の「宇治」、福岡の「八女」と並ぶ、「玉露茶」の日本三大産地の一つ。そんな岡部を流れる清流・朝比奈川沿い、自然豊かな場所に「玉露の里」はあります。

こちらは、道の駅と一体化した玉露茶の魅力を伝える場所。玉露の里というだけあって、お食事処「茶の華亭」では、お茶スイーツはもちろん、茶そばや茶葉入りの天ぷらなど、お茶メニューがたくさん♪ スペシャルな“ここだけの味”を求めて、県外からも多くの人が訪れます。

「あさひな玉露金時」(550円)
茶氷プロジェクトでは、高級茶「玉露」をふんだんに使用したかき氷が登場。すっと溶ける氷の後で、清涼感あふれる玉露茶の風味が口いっぱいに広がります。氷の上には、たっぷりのあんこと、玉露ソフトクリームをのせて。さらに、玉露の茶葉を散らして、玉露茶づくしの一品に仕上げました。

さっぱりとした味わいが嬉しいかき氷は、暑い夏にぴったり。のどかな景色とともに、至福のひとときを味わえます。

玉露の里(ギョクロノサト)

静岡県藤枝市岡部町新舟1214-3MAP

054-668-0019

9:00~17:00(食事処11:00~15:00)

期間中無休


【静岡市】茶氷スペシャル/ななや静岡店

【静岡市】茶氷スペシャル/ななや静岡店 リニューアル後はジェラートの種類も豊富に
続いてご紹介するのは、7段階の濃さが違う抹茶ジェラートが話題の「ななや」。藤枝に本店を構えるこちらは、創業100年を超える老舗茶問屋「丸七製茶」が営むスイーツファクトリーです。

静岡市唯一の店舗「ななや静岡店」は、2020年10月、呉服町通りに移転リニューアルオープン。新しくなった店舗は、1階に売店、2階にテイスティングカウンターを設置し、以前よりもスケールアップしました。
「茶氷スペシャル」(580円)
今年の茶氷では、ジェラートとはまた違った味わいのシャーベットが登場。高級な抹茶と2度火入れしたほうじ茶、2つのシャーベットを食べ比べできます。シャーベットの上には、程よい甘さのあんこ、モチモチの白玉、練乳もかかっていて、飽きのこないおいしさ!シャーベットのシャリシャリ食感が、さまざまな和素材にマッチします。

ななや静岡店(ナナヤシズオカテン)

静岡県静岡市葵区呉服町2-5-12MAP

054-251-7783

11:00~19:00

水曜(祝日は営業)


【島田市】煎茶のかき氷/蓬莱橋897.4茶屋

【島田市】煎茶のかき氷/蓬莱橋897.4茶屋 蓬莱橋のたもとにある茶屋
島田市は「地球上でもっとも緑茶を愛する街」というキャッチーなフレーズで、お茶を活用したシティプロモーション「島田市緑茶化計画」が進行するなど、地元愛にあふれたエリアです。

そんな島田きっての観光名所といえば、ギネスにも認定された、世界一長い木造歩道橋「蓬莱橋」。その橋のたもとにある「蓬莱橋897.4(やくなし)茶屋」は、島田のおいしいお茶とソフトクリームで一服したり、島田のお土産探しにぴったりです。
「煎茶のかき氷」(650円)
茶氷期間中は、飽きがこないおいしさの「煎茶のかき氷」が楽しめます。さわやかで清々しい島田市産の煎茶を使用したシロップをかけて、茶葉を練り込んだソフトクリーム、お茶ようかん、あんこを贅沢にトッピング。すくうたび、おいしい感動に出会えます。

蓬莱橋897.4茶屋(ホウライバシヤクナシチャヤ)

静岡県島田市南2丁目地先MAP

0547-32-9700

4月から9月までは9:00~17:00、10月から3月までは9:00~16:00

無休


【島田市】蓬莱ピンス/てっぱん&cafe くいしんぼ

【島田市】蓬莱ピンス/てっぱん&cafe くいしんぼ 一人でもふらっと入りやすいカジュアルな雰囲気
JR島田駅から歩いてすぐ。三角公園の向かいに2020年オープンした「てっぱん&cafe くいしんぼ」は、地元の人たちで常に賑わう人気店。ランチタイムは愛情たっぷりに煮込んだカレーを、夜はもんじゃ焼きをメインにした鉄板焼を楽しめます。

丼から顔を出す“くいしんぼうのクマ”が描かれた暖簾をくぐって、店内へ。「ようこそ!」と優しい笑顔のオーナー渡邉さんが出迎えてくれます。 
かき氷とは思えないビジュアルの「蓬莱ピンス」(1000円)
同プロジェクトでは、静岡では珍しい韓国スイーツ「糸ピンス」が登場。「糸ピンス」とは、日本のかき氷とは全く違う、糸状に削られたかき氷のこと。食べ方もユニーク!スプーンではなく、ナイフとフォークを使っていただきましょう。

ナイフを入れるとアイスケーキのようにサクッとした感触ですが、口に入れるとふんわりエアリー。ほうじ茶の優しい甘さに、口の中が幸せいっぱいになります。

てっぱん&cafe くいしんぼ(テッパンアンドカフェクイシンボ)

静岡県島田市日之出町6-1MAP

0547-39-3137

11:30〜14:00、18:00〜22:00※かき氷の提供は土日祝日の13:00~16:00なります

火曜・第3水曜


【三島市】ほうじ茶みるく&ふわふわティラミス/茶処 山田園

【三島市】ほうじ茶みるく&ふわふわティラミス/茶処 山田園 三嶋大社へ続く三島大通り沿いにお店を構える「茶処 山田園」
最後にご紹介するのは、地元の人々に長く愛される「茶処 山田園」。創業は古く、江戸時代からこだわりのおいしい静岡茶を作り続けています。

三嶋大社の近くにお店があり、イートインスペースも併設。参拝後に立ち寄って、ゆるりとした時間を過ごすのもステキです。
「ほうじ茶みるく&ふわふわティラミス」(900円)
2023年の茶氷では、まるでケーキのような「ほうじ茶みるく&ふわふわティラミス」が登場。富士山の湧水をくみ上げて作るふわふわかき氷の上に、特製ほうじ茶シロップと自家製ブレンドのミルクシロップをかけ、トップにほうじ茶入のマスカルポーネクリームをオン♪和と洋のハーモニーを楽しめる逸品に仕上げました。

お茶の芳ばしい風味が感じられるマスカルポーネクリームを、少しずつかき氷に混ぜながら、ぜひ味わって。一口頬張ると、またすぐ食べたくなる魔法のようなおいしさです。

茶処 山田園(チャドコロ ヤマダエン)

静岡県三島市本町12-3MAP

055-973-1500

10:00~18:00(カフェ営業時間10:30~17:00)

毎週水曜(カフェ臨時休業あり)


***
今年で6年目を迎えた「茶氷プロジェクト」。他にも紹介しきれない、個性豊かなかき氷がたくさんあります。これから気温がぐんぐん上がり、かき氷がおいしくなる季節。茶氷で盛り上がる静岡を訪れてみてください♪

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真