ログイン / 会員登録するアカウントを選択

明治初期の雰囲気を楽しむ、函館の「Cafe dining Joe」

106
明治初期の雰囲気を楽しむ、函館の「Cafe dining Joe」
こちらのお店は現在「JOE&RACCOON」として営業しております。
「洋風チラシ」は引き続き提供しておりますが、その他の情報についてはお店まで直接お問い合わせください。
Tel:0138-23-5655

------------------------

函館のベイエリアに建つ、古い建物をリノベーションした「Café dining Joe」。古い建物が持つ独特なスロータイムを満喫しながら、一見ケーキかと思ってしまう「洋風チラシ」などの個性的なメニューが味わえます。

同志社大学の創立者にちなんでつけられた店名

同志社大学の創立者にちなんでつけられた店名 1階にはカウンターもあるのでおひとり様でも安心
北海道函館市の金森赤レンガ倉庫群で有名なベイエリアから、徒歩5分ほどのところに「Café dining Joe」はあります。漆喰塗りの白壁がレトロな雰囲気をかもし出しています。

1864(元時元)年、現在の同志社大学の創始者である新島襄が、お店の建つすぐそばの岸壁からアメリカ船に乗り込み密航しました。その時、船中でみんなから「Joe」と呼ばれていた新島にちなみ店名に「Joe」と名付けました。そのため、同志社大学の卒業生の方たちがお店に訪れることも多々あるそうです。
アーチ窓がオシャレな2階席

まるでケーキのような生ちらし

まるでケーキのような生ちらし 「洋風ちらし」990円
お店で一番人気のメニューは、ケーキのようにデコレーションされた「洋風ちらし」。円柱状の寿司飯の間にズワイガニのフレークをサンドし、上にマグロとホタテとイクラが盛られています。その上には、自家製のわさびクリームソースと醤油を煮詰めて作った特製ソースをトッピングした美しい仕上がりです。

ごはんを豪快に崩しながら、ソースをたっぷりつけて食べるのがオススメ。さっぱりとした口当たりで、女子でもペロッと食べられてしまいます。

「洋風ちらし」はディナータイムのほか、ランチタイムにはお得なランチプレート(1100円)として食べることもできますよ♪

スイーツ系も食事系も充実の「ガレット」

スイーツ系も食事系も充実の「ガレット」 メイプルシロップのガレット600円
石臼挽きのそば粉を使って作る「ガレット」は、種類が豊富に揃っています。シンプルな「バター&シュガー」(450円)や「キャラメルソース」(600円)など、スイーツガレットは全8種類。1日を通していつでもオーダー可能で、+100円でコーヒーかアイスティーをセットにすることもできます。

ディナータイムには、「スモークサーモン」(780円)や「トマトとモッツァレラ」(800円)など、全5種類の食事系ガレットも登場します。夜にはシードルやワインなどのアルコールもちょっぴり用意しているので、おつまみとしても楽しめますよ♪

ラテを飲みながら、まったりとした時間を

ラテを飲みながら、まったりとした時間を フレーバーラテ(キャラメル)600円とほうじ茶ラテ550円
ドリンクもとても充実していて、最近もさらにキャラメル、バニラ、ヘーゼルナッツという、3種類のフレーバーラテが仲間入りしました。どれも香り豊かで、ひとくち飲むとホッとします。ラテはほかにもほうじ茶や抹茶などもあり、女性に大人気だそうです。

カフェメニューからしっかりごはんまで揃う「Café dining Joe」。ベイエリア散策の途中ホッとひと息、気軽に立ち寄ってまったりとした時間を過ごしましょう。

Café dining Joe(カフェ ダイニング ジョー)

北海道 函館市大町9-14 MAP

0138-23-5655

ランチ11:30~14:30、カフェ14:30~17:00、ディナー17:00~22:00(LO21:00)

水曜(祝日の場合は翌日)


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真