ログイン / 会員登録するアカウントを選択

モッツァレラと卵がとろ〜り。原宿「MOKUBAZA」の名物「チーズキーマカレー」

999+
モッツァレラと卵がとろ〜り。原宿「MOKUBAZA」の名物「チーズキーマカレー」
※こちらの記事は2017年3月18日に公開したものです。

神宮前にある「MOKUBAZA(モクバザ)」は、見た目も味もインパクト大のちょっと変わったキーマカレーが人気のバー。こんもりとドーム状に盛られたライスの上に、お肉たっぷりのキーマカレー、そしてトロトロのモッツァレラチーズと卵黄が重なっています。
そのお味はどんなものでしょうか?

カレーが名物のカジュアルなバー

カレーが名物のカジュアルなバー
副都心線・北参道駅から徒歩6分。閑静な住宅街の一角にある「MOKUBAZA」は、カレーが名物のカジュアルなスタイルのバーです。
2004年に夜営業のバーとしてオープン。「夜に食べても胃にもたれない」ことをコンセプトに作っていたカレーが話題になり、ランチタイムにも営業するようになりました。

心地よい音楽が流れるおしゃれな店内

心地よい音楽が流れるおしゃれな店内 テーブル席とカウンター席がある
たくさんのアート本やCDが置かれた店内は、とってもおしゃれでリラックスできる雰囲気。もともとグラフィックデザイナーだった店主が事務所として使っていたスペースをバーに改造したのだそう。バータイムには、カレーと一緒に200種類以上のお酒が楽しめます。

まるで大きな目玉焼き!話題の「チーズキーマカレー」

まるで大きな目玉焼き!話題の「チーズキーマカレー」 「チーズキーマカレー」(1120円)
こんもりと盛りつけたライスの上にキーマカレーを乗せて、トロトロのモッツァレラチーズでコーティング。キーマカレーは、独自ブレンドの挽肉と10時間かけて炒めた玉ねぎを混ぜ合わせ、厳選したスパイスでじっくり煮込んで作っています。油や小麦粉は加えず、化学調味料や人工添加物も一切使っていないのだそう。
食べ進めるごとに汗がにじむほどピリリとスパイシー。カルダモンとクローブの香りが強めに効いていて、肉の旨みと共にあと引く美味しさです。卵黄を崩しながら食べることで、まろやかな味わいに変化します。
カレー好きの店主が何年もかけて試行錯誤した結果、今の形にたどり着いたのだそうですよ。

焦げたチーズが食欲をそそる「焼きアボカドキーマカレー」

焦げたチーズが食欲をそそる「焼きアボカドキーマカレー」 「焼きアボカドキーマカレー」(1180円)
モッツァレラチーズをかけて高温のオーブンで焼き上げた「焼きキーマカレー」も人気の一品。「焼きアボカドキーマカレー」は、スライスされたアボカドがきれいに並べられていて、一緒に食べるとカレーがよりマイルドに感じられます。カリカリに焦げたチーズが香ばしく食欲をそそります。

ランチタイムはサラダ付きで大盛りも無料。 見た目にも美しく、時間をかけて丁寧に作られたキーマカレーをぜひ食べに行ってみてくださいね。

MOKUBAZA(モクバザ)

東京都 渋谷区神宮前2-28-12 1F MAP

03-3404-2606

ランチタイム 11:30〜15:00(L.O.14:30)/バータイム 19:30〜23:30(L.O.23:00)

日曜・祝日 (月曜はランチタイムのみ定休)

MOKUBAZA

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真