ログイン / 会員登録するアカウントを選択

毎週食べても飽きない!心斎橋で隠れ家的「江洲あぶらや」のステーキカレー

241
毎週食べても飽きない!心斎橋で隠れ家的「江洲あぶらや」のステーキカレー
観光客や地元の人達で賑わう心斎橋筋商店街から路地を抜けると嘘のように静かになる。そんな心斎橋の路地の裏には、美味しいグルメスポットが隠れています。例えば「江洲 あぶらや」はグルメ通が足繁く通う大阪の隠れた名店の一つ。

上質な国産牛にこだわるステーキ屋がランチメニューに考案したカレーが大好評で、週に一度は絶対に食べに来ると言った常連さんも多い。

心斎橋の路地裏のビルの中にひっそりと佇む

心斎橋の路地裏のビルの中にひっそりと佇む 小さな看板が目印
御堂筋周防町の交差点を東へ進み、心斎橋筋商店街を過ぎ次の信号を南に折れると見える小さな看板が目印。ビルの中を進んで奥から2番目。誰かに教えてもらわないと絶対に分からない場所にも関わらず、ランチ時は多くのお客さんで賑わっています。

暖簾をくくると、寒い日に暖房で暖まった自宅に着いた時のような家庭的な温もりがあって、女性一人でも気軽に利用出来るアットホームな雰囲気が心地よい。
マスターの一柳さんと奥さん
この店の魅力は料理の美味しさに加えて、マスターと奥さんの気さくな人柄でしょう。例えば、個性的なメニュー表を見れば、それが色濃く表現されています。

欄外にも書かれ、裏は寄せ書きの色紙のようになっているのは常連さんが、マスターにリクエストして作ってもらった料理が商品化されたもの。メニューとして正式採用されると、金額もネーミングもメニュー表への書き込みも全てお客さん自身が行う仕組み。

こんなメニューあったらいいのに!が実現するお店

こんなメニューあったらいいのに!が実現するお店 欄外や裏にも書かれた個性的なメニュー表
例えば「小野式カレー」は常連の小野さんがリクエストした牛・豚・鳥の全てがのった豪華なカレー。「キノピーライス」は木下さんが考案したチキンライスにポークステーキがのったもの。またシーフードバターにポークソテーがのった「海豚ライス」など色々あります。

こんな料理が食べたいけどマスターできる? そんなリクエストも材料さえあれば難なく作ってくれる。もし自分の考案した料理がメニューに載ったら嬉しいですよね。
「海豚ライス」(1050円)

ステーキ屋さんだけど、なぜかカレーが名物

ステーキ屋さんだけど、なぜかカレーが名物 マスターの一柳さんと奥さんの会話も楽しい
この「江洲あぶらや」はステーキ屋さんですが、マスターが仕事でインドやバングラデシュ、タイなどで過ごした経験を元にランチでカレーを提供すると、その味が瞬く間に評判となり、現在では昼夜を問わずカレーが味わうことができます。
ランチタイムであれば、「国産牛ステーキ 150g」(2700円)がライス又はパン、スープ、サラダ付きのセットで食べられるのもお得感があって大好評です。

ボリュームたっぷり。名物の「ステーキカレー」

ボリュームたっぷり。名物の「ステーキカレー」 「ステーキカレー」(1000円)
この店が初めてと言う方に一番のおすすめは「ステーキカレー」です。ステーキ肉も2~3切れではなく、上質な国産ランプ牛のステーキがドン!しかも価格は驚きの1000円。この肉質、柔らかさ、旨み、さすがステーキ屋さんのカレーと納得の一品。

あぶらやのカレーは見た目でも分かるようにコクと深みがあります。玉ねぎの甘み、マサラの香り、フルーティーさが合わさって、しっかり時間をかけてじっくり作られたことが良く分かる上質なカレーは絶品です。ランチタイムはスープ&サラダ付き。
ランチはスープサラダ付き
「ポークカツカレー」(900円)
また、名物のステーキカレーに負けじと人気なのが「ポークカツカレー」です。常連さんの多くが、このポークカツを使ってオリジナルメニューを色々と考案している事でも分かるように、柔らかくてジューシーなポークカツは脂っぽいのが苦手な人でも食べやすい口当たりが特徴。

他にも、マスターがバングラデシュで出会った濃厚なカレーを再現させた香辛料たっぷりの「ビーフマサラ」なども人気。豊富なメニューを順に網羅して行くのも楽しさの一つと言えるでしょう。

江洲あぶらや(コウシュウアブラヤ)

全国 大阪市中央区東心斎橋2-8-20 新日本畳屋町ビル1階 MAP

06-6212-2941

11:30~23:00(ランチタイムは11:30~17:00でライスがなくなり次第終了)

水曜

江洲あぶらや

Hiroshi Yamazaki

Hiroshi Yamazaki

ちょっと変わった旅が好きなライター。 マラッカ海峡に沈んだお宝を探しにマレーシアに行ったり、 タイの奥地で首長族の村に泊まったり。 只今、関西の食べ歩きにハマり中!

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD