ログイン / 会員登録するアカウントを選択

桜えびチョコも♪静岡とカカオの国をつなぐ驚きのチョコレート専門店「Conche」

193
桜えびチョコも♪静岡とカカオの国をつなぐ驚きのチョコレート専門店「Conche」
「Conche(コンチェ)」は、静岡県で唯一、厳選されたカカオ豆から手作りで「ビーントゥバー・チョコレート(板チョコ)」を作る専門店。地元・静岡の素材を使った珍しいチョコレートは新鮮な驚きでいっぱいです!イートインコーナーでは、チョコを贅沢に使ったアイスやドリンクも楽しめますよ。

ショコラ好きにはたまらない素敵な空間

ショコラ好きにはたまらない素敵な空間 チョコレート愛が込められた黒板が、何ともおしゃれ!
JR静岡駅から車で約25分。久能山東照宮の近く、静岡市駿河区に「Conche」はあります。扉を開けると、その先に漂うのはカカオの豊かな香り!お店の黒板には、チョコレートの作り方や、日本よりはるか数千マイル離れた、ガーナ、ハイチ、ブラジル、グレナダ、といったカカオの産地が書かれています。
お茶の焙煎機を使ってカカオ豆をロースト。温度が最適なのだとか。
ここでは、カカオ豆の買い付けから、製造までをすべて自社で行っています。全面ガラス戸の奥にあるのは、小さなチョコレート工房。その時の状況にもよりますが、リクエストをすると、中に入って機械や道具を間近で見られます。

砕いたカカオ豆の実と殻を分ける大変な工程も、すべて手作業。1つ1つ丁寧にきっちり殻を取り除くことで、雑味の無い澄んだ味わいになるそう。

チョコレートに魅せられて、お店をオープンさせた田中さん

食べ比べが楽しい「ビーントゥバー」

食べ比べが楽しい「ビーントゥバー」 カカオ70%ブラック、カカオ65%ミルクともに価格は1枚400円ほど
商品のパッケージは、すべてオーナー田中さんの力作。カカオの産地、風味、特徴などがひと目で分かるようにデザインされています。センス溢れるパッケージなので、自分用はもちろん、チョコレート好きの人への手土産にもぴったり。
こちらのチョコレートには、香料や乳化剤などの添加物は一切入れていません。国産キビ砂糖、ココアバターなど、体に良いものだけを使っています。どれにしようか迷ったら、チョコレートのテイスティングをしてみましょう。人気チョコレート10種類の食べ比べができます。

静岡食材を使った驚きのチョコレートとは?

静岡食材を使った驚きのチョコレートとは? 桜えび醤油チョコレート(580円)
初めはびっくり!そして、ほっこり。こちらは、駿河湾産の無着色、無添加の桜えびを使ったガーナ産カカオミルクのチョコレート。隠し味に、静岡で創業150余年を誇る老舗のお醤油を練り込んでいます。ほのかに感じるお醤油もアクセントになって、味をより奥深いものにしてくれます。
「静岡バナナ×ガーナ70%ブラック」(380円)、「静岡いちごのチョコレート」(540円)、「静岡みかん×ハイチ70%ブラック」(380円)
他にも、静岡県産無農薬バナナ、静岡県産・章姫いちご、静岡県産みかんを使った、オリジナリティ溢れる地産地消チョコレートがずらり。果物本来の香りや甘みを凝縮させるよう、ドライフルーツは40℃の低温でじっくり乾燥させ、丁寧に仕上げています。

幸せなショコラタイムを

幸せなショコラタイムを 自家製アイスはシングル(380円)とダブル(500円)の2種類
イートインコーナーでは、チョコレートのおいしさを最大限に活かしたアイスも人気です。アイスは、添加物・香料・人口甘味料など一切不使用。チョコレートをたっぷり使い、乳脂肪分は極力抑えているそうです。

まるで、チョコレートそのものを食べているような濃厚な味!でも、後味は驚くほどさっぱりとしています。カリッと香ばしいカカオニブをトッピングに使うなど、食感を楽しむ工夫も。
産地別のカカオ豆4種類の中から、2種類を選んで作れるホットチョコレート(500円)
手間ひまかけて作られる究極のチョコレートは、新鮮な驚きと発見がいっぱい。いつもと違うショコラに出会いたい方は、一度「Conche」をのぞいてみませんか?

Conche(コンチェ)

静岡県 静岡市駿河区高松1ー26-15 今井ビル1F西号 MAP

054-374-8551

13:00~17:00(土日祝は11:00~18:00)

月・火曜

Conche

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD