ログイン / 会員登録するアカウントを選択

季節の移ろいを告げる、京都ならではの可憐なデザイン♪アイシングクッキー専門店

412
季節の移ろいを告げる、京都ならではの可憐なデザイン♪アイシングクッキー専門店
※こちらの記事は2015年9月1日に公開されたものです

淡く優美な色彩をまとい、季節の移ろいをそっと告げてくれるアイシングクッキー専門店「icingcookies TOBIRA(アイシングクッキーズ トビラ)」が京都に登場しました。どんなクッキーが並んでいるのか、その扉を開けてみましょう。

ショーケースに並ぶクッキーは、一期一会の季節のデザイン

ショーケースに並ぶクッキーは、一期一会の季節のデザイン
阪急大宮駅から四条通の南側を西へ5分ほど歩くと、「アイシングクッキーズ トビラ」はあります。店内は白を基調にすっきりとまとめられています。

イギリス王室が発祥と伝わるアイシングクッキーといえば、色鮮やかな印象がありますが、ショーケースをのぞいてみると、淡くてやさしい印象の、京都らしいはんなりとしたクッキーたちが並んでいます。デザインは、週替わりで3、4種類ほど(320円~)、どれも、オーナーパティシエールであるmayuさんがひとりで作り上げています。

からだにやさしい素材を厳選。安心もおいしさのヒミツです

からだにやさしい素材を厳選。安心もおいしさのヒミツです
いつでも会える、定番商品も。こちらは「手まりBOX(1500円)」。mayuさんがイメージをふくらませ、描き上げます。清楚だけれど華もあり、絶妙なバランスにセンスを感じます。

飾って眺めていたいけれど、ぜひ味わってみて。上質な国産小麦、九州産の発酵バター、京都産の卵、きび砂糖など、素材はからだに優しいものばかり。アイシングの着色料も、紅麹や、紫芋、かぼちゃ、かぶのビートなど、天然由来のものばかりだから、安心して食べられます。

クッキーは、ひとつの作品ができるまでまる1日かかります

クッキーは、ひとつの作品ができるまでまる1日かかります
「とくべつに絵が得意というわけではなく、はさみを使った工作や、粘土細工が好きだったんです」とほほえみながら話すmayuさん。アイシングクッキーとの出会いは、姉の留学先であるアメリカに滞在していたとき。そこから、感性を研ぎ澄ませ、着色料、素材などを吟味し、京都を感じさせる可憐なアイシングクッキーのスタイルを確立していったそうです。

既製のものでは繊細な表現ができないので、絞り袋もお手製。塗っては乾かして、の作業を何度も繰り返すため、ひとつの作品ができあがるまでにまる1日かかるとか。
いつまでも眺めていたい、優美なデザイン

もうひとつのおすすめ。サクッとやわらかなクッキー

もうひとつのおすすめ。サクッとやわらかなクッキー
「無添加クッキー(302円)」も人気です。アイシングクッキーは、アイシングとベースとなるクッキーとのバランスを考えて、ややしっかりとした食感に仕上げていますが、こちらは、サックリ。ひとつ、またひとつと食べたくなる、飽きのこないおいしさです。

2週間前までの予約でオーダーも可能。
今回とくべつに、ことりっぷのキャラクター「ことり」を作ってもらいました♪

箱を開けると思わず笑顔になる、可憐なアイシングクッキー。贈り物にいかが。

icingcookies TOBIRA(アイシングクッキーズトビラ)

京都府 京都市中京区壬生梛ノ宮町13-32 MAP

075-823-0303 (取り置き可)

11:00~19:00(早めの来店がベター)

水曜

icingcookies TOBIRA

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真